FF

FF7の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】

国民的RPGとなったファイナルファンタジー。中でも特にファンからの人気が高いのがクラウドが主人公のFF7。FFで初めて3Dグラフィックが導入された作品で、当時は画期的な技術で社会現象となった伝説的作品です。

今回、そんなFF7のリアルなレビューをまとめてみました。FF7の面白い点、逆にイマイチだった点をまとめているので、FF7の詳細情報を知りたい方は最後までご覧になってください。

 

FF7のリアル評価レビュー

 

FF7の面白い点

 

シナリオが最高

FF7は歴代FF作品の中でも屈指の人気作ですが、その最大の理由はシナリオの面白さでしょう。FFはRPGの中でもシナリオの出来が評価される作品ですが、中でもFF7はシリーズ屈指の評価。昔プレイしたFFのシナリオを今でも忘れられないという人は多いでしょう。FF7は派生作品も多く出ており、それもシナリオが評価されている証と言えます。今までのFF作品は「西洋ファンタジー」といったイメージが強かったですが、FF7では近未来的のSF要素がふんだんに盛り込まれ、今までのFFのイメージを大きく塗り替えた点も素晴らしいと思います。

 

キャラクターの個性が半端ない

FF7は敵・味方問わず登場するキャラクターの個性が溢れまくっている。主人公のクラウドはFFシリーズ屈指の人気キャラですし、ヒロインのティファとエアリスも人気。敵のセフィロスもFFシリーズの敵で一番人気のあるキャラですし、タークスメンバーも人気があります。歴代FF作品の中でもキャラ人気が一番高い作品となっているのは、キャラクターの個性がしっかりと表現されているからでしょうね。そういった魅力的なキャラクターが多いのもFF7のシナリオが評価される理由の一つと言えます。

 

シリーズ初の3Dグラフィック作品

今となっては3Dグラフィックでデザインされるのは当たり前のことですが、FFシリーズでは本作で初めて3Dグラフィックが導入されました。当時としてはド肝を抜かれる技術で、「ゲーム業界の一つの転換点となった作品」と称されています。今見るとカクついたポリゴンって感じですが、当時の3Dを用いたRPG作品としては非常にレベルの高い仕上がりで話題となりました。

 

BGMが良い

FF7のBGMはシリーズファンからの人気の高い曲が多い。通常戦闘曲の「戦う者達」、ボス戦闘曲の「更に戦う者達」、ラストダンジョンで流れる「J-E-N-O-V-A」、ラスボス戦で流れる「片翼の天使」などなど、シリーズファンから人気の曲ばかりである。

 

チョコボの育成が面白い

ゲーム内にチョコボレースというミニゲームがあり、自分で育てたチョコボをレースに参加させることができるのだがこれがなかなか面白い。育成したチョコボは実際にフィールドで乗ることができ、育てたチョコボでないと取れないアイテムもあったり、やり込み要素の一つとなっていてハマる人はハマってしまうと思う。

 

FF7のイマイチな点

 

ゲーム難易度が簡単すぎる

シナリオは最高だがゲーム難易度はかなり低め。レベル上げをする必要もなく、特に苦労させられたボスの記憶もない。やはり苦戦させられたボスは記憶に残るもので、そういうゲームのほうが「やりがいがあったな」と感じやすい。そういった意味ではFF7は戦闘面においては残念ながら印象が薄いゲームとなってしまう。終盤に寄り道をしてしまうと強力な武器やマテリア、召喚獣を取得できてしまうのでそれ以降は完全にヌルゲー化してしまう。ラスボスのセフィロスも魅力的なキャラなのに、そのせいでまったく苦労することなく倒せてしまったので私の中では「カッコイイけど弱いボス」という印象になってしまっているのが残念。

 

やり込み要素が少ない

一応やり込み要素はあるが、「やり込み要素が充実している」とは言い難い。後のFF10FF12に比べるとやり込み要素は格段に少ないのでシナリオをクリアしてしまうと飽きてしまった。FFシリーズはやり込み要素も醍醐味だと思っているのでそこは残念。

 

召喚魔法の演出が長い

召喚魔法は今までのFF作品に比べて演出が派手になってカッコ良くはなっているのですが、その反面演出が長く戦闘のテンポがかなり悪くなってしまう。そのため、私はよっぽどのことがない限り召喚魔法を使うことはありませんでしたね。

FF7の他の人のレビュー

キャラクターがみんな魅力的。発売当時子どもがプレイしているのを見て自分もプレイして嵌ってしまった。全クリした唯一のRPG。エンディングでは泣いた。思い出すともう一度プレイしたくなってきた。
ストーリー内容が深くて濃く、時間を忘れて世界観に引き込まれるゲームだからです。キャラクターもそれぞれ味があり、どのキャラクターを使っても魅力的です。今でも忘れられないゲームの一つで、名作だと思います。
キャラクターのデザインが若者の好みに合わせたものになり、FF=キャラクターというイメージに大きく変わっていった作品。PSの作品なので今見るとポリゴンの粗さが残念ではあるが、圧倒的面白さがある。
ファンタジーとSFの世界観が一体となった、プレイステーションを代表する大作RPGだと思います。登場するキャラクターも魅力的。ゲームシステムも、装備品の強化といった斬新なアイデアが盛り込まれていて何かのハードウェアで、もう一度じっくりとプレイしてみたいタイトルです。
映画の様なストーリー、魅力的なキャラが多く敵までカッコいい。斬新なマテリアシステムとミニゲーム等やり込み要素も適度にあり、飽きずに最後まで突っ走れる作品です!
ストーリーはFFシリーズどれも好きですが、FF7はカードゲームはチョコボレースなどのミニゲームやサブストーリーも充実していて1周では遊びきれずアルティマニアを購入してまで遊んでいました。キャラも魅力的でバランスも良く、敵キャラも細部まで作りこまれているところが大好きでした。
発売当時はびっくりしたほどの映像でした。FF6までのドット絵からいきなり3Dになり感動したのを今でも覚えています。マテリアの組み合わせで全体攻撃を可能にしたりアビリティの強化をできるというのも初めてでしたので面白かったです。キャラデザも天野氏から野村氏に代わったことで親しみやすい絵になり魅力的なキャラも多かったです。
世界観が最高でした。ダークな雰囲気が良かったです。マテリアシステムはよく出来ていましたが後半になるにつれて自キャラが強くなりすぎてやや物足りない感じがしました。
ff7のテーマは星。ざっくりいうと、主人公のクラウド達が星を救うみたいなストーリーなのですが、その話が良くて初めてプレイしたときは泣きました。なんといっても、主人公のクラウド!最高です。初恋といっても過言じゃないでしょう。ただカッコいいだけでなく、女装させられたり(途中からは本人もノリノリな気が…)、ギャグっぽい要素も大好きです。
FF7は個性的なキャラクターが多く、謎の多いストーリー、マテリアシステムを採用したバトルシステムなど、最高のゲームシリーズだと思いました。特に女性キャラに感情移入させられましたね。ティファ、エアリス、ユフィの存在感は20年経っても忘れられません。

まとめ

以上、FF7のリアルなレビューでした。FF7は歴代FFシリーズの中でも屈指の人気作で、多くのファンがいる作品となっています。キャラも人気で、主人公のクラウドはスマブラにも参戦を果たしていますよね。

そして、FF7は2020年にリメイク作品が発売されることが決まっています。FF7ファンの人なら絶対にプレイしておきたいところですね。

FFファン300人が選んだ歴代FF作品のリアルな人気ランキングを「【FF】ファン300人に聞いた!歴代FFの中でも特におすすめの人気ソフトランキング!」にまとめているので、シリーズファンの方はそちらも合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。