FF

【FF7】タークスについてまとめてみた【神羅カンパニーの特殊工作部隊】

FF7に登場する神羅カンパニー所属のタークス。タークスメンバーはFF7のキャラの中でもキャラが濃いので、「FF7といえばタークス」という人も多いかもしれません。

今回、タークスについての情報をまとめてみました。タークスがどんな組織だったのか振り返りたい方は是非ご参考ください。

タークス

神羅カンパニーの特殊工作部隊

タークスは神羅カンパニーの特殊工作部隊。正式名称は神羅電気動力株式会社総務部調査課。神羅カンパニーが抱える部署の一つで、諜報、調査、勧誘、誘拐、暗殺や要人護衛など会社の暗部を担当する。クラウドらが反神羅テロ組織だったため、ゲーム中に敵として何度か出会うこととなる。組織図上的には治安維持部門統括であるハイデッカーの指揮下に属するが、あくまで形式上であり実際は社長のルーファウス直属の組織といった感じ。死ぬ以外にタークスを辞めることはできない。ちなみにヴィンセントも元タークスの一員。

タークスのメンバー一覧

ツォン

タークスの主任。ゲーム中では部下のレノやルードが目立っているので、主任だが影は薄め。ヒロインであるエアリスとは旧知の仲で、なにかと気にかけている様子がうかがえる。古代種の神殿でセフィロスに刺され重傷を負って以降、ゲーム中での登場はない。

レノ

タークスの一員。語尾に「〜だぞ、と」をつけて喋る癖がある。よくルードと共に行動しており、ゲーム中ではクラウドらに敵対していた。どんな仕事もきっちりこなす冷徹な仕事人ではあるが、抜けている面も少し見られる。武器は電磁ロッド。

ルード

タークスの一員。寡黙で口下手だが、仲間想いで真面目な性格。格闘術で戦う。同じ格闘家のティファに惚れており、こちらのパーティがティファ一人になると攻撃してこなくなる。

イリーナ

タークスに入ったばかりの新人。ツォンに好意を抱いている。爆弾や銃を使って攻撃してくる。HPは30000あり、レノやルードよりも高い。新人とは!!? 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。