FF

【FF】ファン300人に聞いた!歴代FFの中でも特におすすめの人気ソフトランキング!

FFファンのみなさん、お待たせしました!!今回、歴代FFシリーズの中で特におすすめで人気のソフトを決める歴代FFシリーズの人気ランキングを作成しました。FFファン300人にガチでアンケートを取ってランキングを作成しているので、どのFF作品がリアルに人気なのか気になる方は要チェックです。

FFファン300人に聞いた上で人気ランキングを作成

今回、特におすすめで人気のFFソフトランキングを作成するにあたって、実際にFFファン300人にWebでアンケートを取った上で作成しています。過去にFFをプレイしてきた人たちがリアルに選んだおすすめのFFソフトのランキングなので、おすすめのFFソフトを探している人は、ぜひ参考にしてください。

今回のランキングの対象としているソフトは、FFⅪとFF14のオンラインの作品を除いた13のナンバリングタイトルです。FFⅪとFF14はオンラインの作品で、他のナンバリングタイトルとは毛色が違うのでランキング対象外とさせていただきました。また、FFタクティクスのようなナンバリング外の作品やFFⅩ-2のような派生ソフトもランキング対象外としています。




FFファン300人に聞いた!歴代FFの中でも特におすすめのソフトランキング!

13位 FF13 2票

残念ながら歴代FFシリーズの人気ランキング最下位となってしまったのはライトニングという女キャラが主人公を演じるFF13。PS3で華々しく登場したFF作品ではありますが、ファンからはあまり良い評判を聞かない作品でもありますし、案の定最下位となってしまいました。PS3の作品とあって、グラフィックは非常に綺麗ですが、「ファルシのルシがコクーンで」など、理解ができない用語がバンバン飛び交うこともあって、ストーリーを理解するのが大変。

また、全13章でできている作品ですが、10章までは一本道で、自由に世界を冒険できるのは11章から。そのため、「10章まではチュートリアルで本編は11章から」捉えられているが、普通にプレイすると10章をクリアするまでに30時間程度かかるので、チュートリアル終了までが超絶時間がかかる。ただ、11章からは自由度が一気に上がり、そこからは面白い作品となるので、これからプレイする人はそのつもりでやってください。

FF13は攻撃役・防御役・補助役を切り替える「オプティマ」と呼ばれる独自の戦闘システムとなっており、戦略性の高いバトルを楽しむことができます。このオプティマの戦闘システムは、なかなか評判が良いので、序盤の退屈さが気にならなければ十分楽しめる作品かと思います。

FF13については「FF13の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にさらに詳しくまとめています。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

FF13の良い点

  • 主人公のライトニングが可愛い
  • 戦闘曲の評価が良い
  • PS3のFF作品とあってグラフィックは最強
  • オプティマという新しいバトルシステムが面白い

FF13の悪い点

  • チュートリアル完了までが非常に長い
  • 一本道のダンジョンが多く、飽きてしまう
  • 専門用が多すぎで理解が難しい

FF13に投票した人の声

かっこいいBGMが多く収録されていて、バトル中の臨場感がとても味わうことが出来ました。バトルのテンポも良くて飽きずに進むことが出来ました。発売当初に買ったためゲームの難易度設定がなく途中少し詰みましたが、何とかクリアできた時の達成感はとても大きかったです。
主人公のライトニングがかっこよくて好きでした。続編のFF13-2ではエンディングで悲しいところもありましたが、続々編のライトニングリターンズで大団円に終わって良かったと思っています。

12位 FFⅡ 7票

12位に選ばれたのはFFⅡ。下から2番目の順位なので、残念ながら人気のない歴代FF作品となってしまった。FFⅡといえば、レベル制が廃止され、戦闘中の行動に応じて能力が成長する「熟練度制」が斬新で、「この成長システムが面白い」という声が目立ちました。

ただ、このシステムを理解せずにプレイしてしまい、結果として非常に攻略難易度が高く感じるプレイヤーが多く、「FFシリーズの中でも屈指の難しさ」との評判を受けるソフトとなっている。このような熟練度制が導入されているFFシリーズはFFⅡ限りで、歴代FFソフトの中でも異色の作品と言える。

FF2については「FF2の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にさらに詳しくまとめています。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

FFⅡの良い点

  • 序盤から広い範囲を行動でき、自由度が高い
  • レベル制ではなく、戦闘中の行動に応じて能力が成長する「熟練度制」というシステムが導入されていて、プレイヤーによって育成スタイルが千差万別に変わっていく

FFⅡの悪い点

  • ゲーム難易度が非常に高い

FFⅡに投票した人の声

キャラクター成長システムが難解でしたが、面白かったです。パーティーアタックでHPを伸ばすことに夢中になりました。
まずは戦闘音楽が最高にテンションがあがります。4人目の仲間のポジションが入れ替わりするのがドラマティックでした。
ダメージを受けると体力が上がるというシステムが、斬新的で面白かった。
ストーリーの意外性、ミンウなど序盤に頼れるキャラクターの配置で進めやすいシステム。
味方にダメージを与えると強くなる矛盾さが新鮮だった。

11位 FFⅫ 8票

PS2ソフトのFFⅫが8票を獲得して11位に選ばれました。FFⅫといえば、今までのFFシリーズとは大きくバトルシステムが変わった作品。今までのFFシリーズのバトルは、フィールドを歩いていると画面が切り替わり、敵との戦闘に入るシステムだったが、今作では敵がフィールドを歩いており、画面の切り替わりなく、そのままバトルに入るバトルシステムとなっています。いわゆるMMORPGのようなバトルシステム。そのため、MMORPGに抵抗がない人はすんなり受け入れられるが、苦手な人は「これはFFじゃない」と違和感を感じてしまうかと思います。

また、「歴代FFシリーズの中でも主人公がもっとも空気な作品」としても有名で、主人公のヴァンよりも仲間のヴァルフレアというキャラが目立つ作品です。グラフィックが綺麗で、オープニングムービーでのワクワク感は異常なのですが、少しストーリーが薄いという評価を得てしまっているのが残念なところ。

ただ、やり込み要素は非常に多く、クリア後もラスボスよりも強い敵がバンバン登場するので、非常に長い間楽しめるソフトとなっています。MMORPGに近い雰囲気に違和感を感じなければ、やり込みも含めてかなりハマれる作品だと思います。

FF12については「FF12の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にさらに詳しくまとめています。

個人的おすすめ度

★★★★☆

FFⅫの良い点

  • グラフィックが非常に綺麗
  • ガンビットという戦闘システムが斬新
  • やり込み要素が非常に豊富

FFⅫの悪い点

  • ガンビットが斬新ゆえ、受け入れられない人もいるかも
  • MMORPGっぽいので、それが苦手な人は厳しい
  • 主人公が空気

FFⅫに投票した人の声

FFは7.8.10.10-2.12.13とやって来ましたが、映像、ストーリー、操作性全てにおいて12が1番面白くプレイできたと思います。最後、バルフレアが自分を犠牲にして市民や仲間を助けるシーンは、本当に悲しくて幼少期にプレイしたゲームとしては非常に印象に残ってます。
ガンビットによる戦闘が斬新で最後まで飽きることなくプレイすることが出来ました。
ガンビットという独特のシステムが個性的で面白かったです。
通常のRPGではラスボスが最も強い位置付けですが、FF12はモブなどのラスボスよりも遥かに強い強敵が沢山いるのでより楽しめるはずです。
ヒロインの王女が格好いいのがよかったです。ボイスキャストも、洋物ドラマの吹き替えの人がやっていて、それも男女共に格好良くて、痺れました!オトナ向けです。

9位 FFⅠ 11票

9位にランクインしたのは、FFシリーズの原点であるFFⅠ。初代作品とあって、ゲーム自体の粗さが目立つ。例えば、キャラにジョブを設定することができるのだが、途中でジョブを変更することができない。ジョブによって格差があるので、選んだジョブによっては攻略難易度がかなり上がってしまう。

とは言え、職業を決めることができるジョブシステムは登場当初は斬新なシステムで、当時先にリリースされ大ヒットとなっていたドラクエとは差別化されたRPG作品となっていた。FFシリーズの原点を味わいたい人は、ぜひFFⅠをプレイしてみてください。

FF1については「FF1の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」に詳しいレビューをまとめているので、さらに詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

FFⅠの良い点

  • FFシリーズの原点の作品を楽しめる

FFⅠの悪い点

  • 難易度が高め
  • 途中でジョブの転職ができない上に、ジョブの格差があるので、最初のジョブによっては相当苦労することになる

FFⅠに投票した人の声

ドラクエに対抗する王道RPGとしてストーリー・システムが完成された、最期まで飽きのこない良ゲームでした。戦闘時にキャラクターが動くというのが斬新で、特に武器を振ったり勝利のバンザイが可愛らしかったですね。また魔法覚えるには購入しなければいけないという設定が面白いと思いました。
最初にプレイしたFFだったので印象深いです。天野喜孝さんの絵が好きだったので、天野さんの絵でゲームができることがとにかく嬉しかったです。もちろんファミコンなので画面上はカクカクした絵ですが、天野さんのキャラクタを自分で動かせることが感動でした。
初めてのアニメーションゲームをしたのがFFでした。映像も綺麗で映画のようなゲームでとても印象に残ってます。
コーネリア王国の景色が綺麗だったので良かったです。
闘う場面も好きですがチョコボが可愛くて癒されます。

9位 FFⅢ 11票

FFシリーズをドラゴンクエストシリーズと並ぶRPGの国民的ソフトに押し上げたFFⅢがFFⅠと並んで第9位にランクイン。FFⅢはFFⅠを発展させたと言える作品で、状況に応じてジョブを変更できるジョブチェンジシステムが特徴の作品。過去作のFFⅠやFFⅡよりも難易度が低く、多くのゲームプレイヤーをFFという作品の魅力に気づかせたFFシリーズの土台となったソフトと言える。

ただ、ラストダンジョンの仕様が鬼畜で、多くのプレイヤーにトラウマを植えつけるほどの伝説級のダンジョンとなっている。攻略には2時間以上かかる上に、途中脱出不可能かつ、セーブポイントもないため、一気に攻略をすることを強いられる。今のゲームでは到底考えられない鬼畜仕様である。

FF3については「FF3の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にさらに詳しくまとめています。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

FFⅢの良い点

  • Ⅰ・Ⅱに比べて難易度は簡単
  • ジョブチェンジが初めて登場した作品

FFⅢの 悪い点

  • ジョブチェンジはできるものの、ジョブの格差があるので結局使用されるジョブは限られる
  • ラストダンジョンがセーブが長い上に非常に長い

FFⅢに投票した人の声

その時の状況やパーティーのバランスを考えてジョブチェンジするのが面白かったです。ラストダンジョンでセーブポイントがなくてクリアするのが大変でした。
多数のジョブがあり自分の好きなタイミングでジョブの変更ができるところが良い。円月輪やラグナロク等の魅力的な武器の登場も今作からだったと記憶しており、記憶に残る作品であった。
風、火、水、土のクリスタルから得られるジョブが面白く、今でも時間があったら楽しんでいます。
ジョブチェンジが魅力的でチェンジの際にもレベルを上げなければならないところがやり込み要素がありました。
好きなジョブを選べるので、組み合わせ次第ではとても簡単に攻略できるので面白かったです。

8位 FF15 12票

現時点でPS4初のFF作品であるFF15が8位にランクイン。FF15といえば、FFシリーズ初となるオープンワールドを採用した作品。「ホストファンタジー」と揶揄され、あまり評判はよろしくないFF作品となってしまった。とは言っても、自由度高めのアクションバトル形式が採用されているバトルシステムは面白く、戦闘面に関しては評価は高い。また、ドライブやキャンプなど、今までのFFシリーズにはなかった遊び要素もあり、FF世界を冒険している気分を味わえるのはFF15が一番。

ただ、「オープンワールドの割にフィールドがスカスカ」「ストーリーやキャラクターに対する説明・描写不足が目立つ」という悪評が目立ち、あまり評価されない作品となっている。

FF15の良い点

  • FF初のオープンワールド作品
  • 自由度が高いアクションバトル式のバトルシステムを楽しめる
  • PS4作品とあって、グラフィックは歴代最高峰
  • 車の移動中に歴代FFシリーズのBGMを流せる

FF15の悪い点

  • シナリオやキャラクターへの説明・描写不足が多い
  • せっかくのオープンワールドなのに行動範囲の自由度は広くない
  • ロードが長い

FF15に投票した人の声

FF15ではメインストーリーを進めるのも面白いですが、オープンワールドという特徴を活かした主人公たちとの旅も楽しめました。車による移動やキャンプでの食事など、主人公たちとの生活をするような感覚になるのも面白かったです。
オープンワールドなせいで本筋とは違うところに時間をかけて遊んでしまった。自分にとっては観光ゲーみたいになってしまったが、なんだかんだで仲間とわちゃわちゃしながら旅をする感じが好きだった。
キャラクター、背景等リアルな描写でストーリーの展開力が広くてすごくはまりました。
グラフィックがきれいと話題のFF15ですが、その評判通りグラフィックは一番綺麗です。そして初めてのオープンワールドということで一本道のイメージがあるffには考えられないほど自由がありました。主人公たちの声にも力を入れていたり、モンスターやフィールドの草木に多くのネツが注がれ、これまでのffとは一風違ったところがとても好きです。次の作品ではffの自由さを残しながらストーリーや戦闘システムを変えてもっとよくしてほしいなぁと思います。
FF15、とにかく映像が綺麗で、ストーリーを見てるだけでも映画みたいだった。男の人のキャラクターがいままでよりカッコよく描かれていたと思う。

7位 FFⅧ 13票

「FFシリーズの中でも異質な作品」と名高いFFⅧが7位にランクイン。「敵から魔法をドローし、それを装備することで能力が成長する」ジャンクションシステムやこちらのレベルが上がると敵のレベルも上がっていくという今までのFFシリーズとは大きくシステムが変わった作品である。ストーリーも含めて、きちんと理解しないと楽しめない作品となっている。

ただ、FFⅦよりもグラフィックが進化していて、フィールドを歩いているときもキャラは八頭身となっており、PSソフトの中では最高レベルのグラフィックとなっている。また、ミニゲームであるカードゲームの評価が非常に高く、「FFⅧはカードゲー」と言われるほど。FFⅧ特有のゲームシステムを受け入れられるかどうかで、このソフトへの評価は変わってくると思う。

FF8に関しては「FF8の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にレビューをまとめているので、さらに詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

個人的おすすめ度

★☆☆☆☆

FFⅧの良い点

  • ジャンクションのおかげで自由にキャラを成長させられる
  • カードゲームが面白い

FFⅧの悪い点

  • シナリオの理解が難しい
  • FFシリーズの中でもシステムがかなり異質

FFⅧに投票した人の声

魔法をドローするシステムは、目新しく当時はハマりました。召喚獣をジャンクションする事も斬新で良かったです。そしてストーリーも悪くなく、画像等もプレステ1ながらも、映像シーンはとても感動しました。
こちらがレベルアップすると敵もレベルアップするという面白い戦闘システムだからです。学園もののストーリーも面白いです。
多少ヘタレですがクールな主人公が好みなので楽しかったです。魔女の侵略に対抗する壮大なストーリーがワクワクして面白かったです。
音楽が凄く良かった。スコールがかっこよかったのと、カードゲームが面白かった。
他の作品より自由度(ジャクションシステムや散策など)が高く、自分好みに好き勝手できる作品だったので、FFシリーズの中で一番のお気に入り。

6位 FFⅤ 19票

FFシリーズ初のダブルミリオンを達成した人気シリーズのFFⅤが6位にランクイン。FFⅢのジョブチェンジシステムをさらに発展させたジョブシステムがFFⅤの売りで、育成面のやり込み要素を楽しめる作品。今でこそ育成面のやり込みは当たり前だったが、当時としては画期的な要素だった。

ゲーム全体のバランスが良く、万人ウケするFF作品と言える。地味にオメガや神竜といったラスボスより強い裏ボスが登場し出したのもFFⅤから。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

FFⅤの良い点

  • FFⅢよりもジョブシステムがさらに発展している
  • ゲーム全体のバランスが良い
  • ラスボスよりも強い裏ボスが登場

FFⅤの悪い点

  • ジョブのレベル上げがかなり大変

FFⅤに投票した人の声

ジョブチェンジによるやりこみ要素が豊富で、一本のソフトで長時間楽しむことができた。
やり込み要素が多いのと、ストーリーが好き。ドット絵が本当に可愛い!
ジョブシステムが画期的だった。それぞれのジョブに対して個性がありシナリオを進めるにはこのジョブ、レベルアップするにはこのジョブといつでも変更できるのが良かった。それともラストダンジョンに居る普通に戦うとまず勝てないラスボスより強い二体の敵。
ジョブが沢山あって、遊びがいがあった。あと、青魔法をラーニングして集めたり、ピアノマスターになるため探して引くのも個人的に好きだった。
FFシリーズの中では間違いなくナンバー1のストーリと綺麗なグラフィックで圧倒的な存在感をもつのが10です。音楽も素晴らしく今でも聞くと泣けてきます。それほど人に感動を与える名作です。戦闘システムも分かりやすくミニゲームも豊富で、歴代FFの中でも1.2を争う名作ではないでしょうか
FF5の評価レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】国民的ゲームタイトルであるファイナルファンタジー、通称FF。今回はその第5作目となるFF5をレビューしていきたいと思います。 FF...

5位 FFⅥ 24票

スチームパンク風の世界観が描かれるFFⅥが5位にランクイン。

登場キャラすべてが主人公として描かれ、またそのストーリーもかなり練られているので、FFⅥのストーリーはプレイヤーからの評価が非常に高い。FFⅥをプレイした人は、思わずキャラに感情移入してしまうことでしょう。

ゲーム難易度・グラフィック・ストーリー・音楽と、ゲーム全体のバランスが取れたFFシリーズの中でも人気の作品の一つです。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

FFⅥの良い点

  • 仲間一人一人を主人公として描いたストーリーの評価が高い
  • ゲームバランスが良く、ゲーム性もわかりやすい

FFⅥの悪い点

  • ゲームバランスをぶっ壊すバグが存在する

FFⅥに投票した人の声

ティナやロックなど、キャラクターの個性豊かさ。エドガーとマッシュの兄弟愛等、キャラのエピソードがそれぞれ良かった。
人物設定が詳細でキャラクターごとに様々な背景があることによりストーリーに説得力があった。分岐点となるイベントで選択を変えることで展開に変化があり、飽きずに何度もプレイすることが出来たため、ファイナルファンタジーシリーズでは唯一攻略本を購入したほど。
登場するキャラクター全てを主人公としている所と、ゲームの難易度もそんなに高くないので初心者の人でも遊びやすいのではないかと思います!
主人公がストーリーごとに変わることで飽きがなく視点を変えてプレイできたことが面白かった。何年も何回も繰り返してプレイした。魔石による魔法習得ができるのでプレイヤーを自分好みに成長させられた。ラスボスのケフカがバニッシュ⇒デスで倒せたのはいい思い出です。
ストーリーがいちばんしっかりしていた気がするし、各キャラクターがそれぞれ個性があり、育成もやりがいがあるので良かったと思う。
FF6の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】国民的RPGであるファイナルファンタジー、通称FF。今回はその第6作目であるFF6のレビューをしていきたいと思います。 FF6は今...

4位 FFⅣ 26票

FFⅢで確立された国民的RPGをさらに広める形となったFFⅣが4位にランクイン。

FFⅣといえば、FFシリーズのバトルシステムではお馴染みとなっているATB(アクティブタイムバトル)が初めて導入された作品である。単純なターン制ではなく、時間の概念が導入され、より臨場感のあるバトルを体感することができる。

FFⅢで発展されたジョブシステムはFFⅣでは廃止され、育成面でのやり込み要素は少し控えめとなった。その代わり、FFⅣは各キャラにスポットが当てられたストーリーが売りで、FFⅣのストーリーの良さにハマっている人は多い。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

FFⅣの良い点

  • FFシリーズ初となるATBが導入された作品
  • 今までのFFシリーズよりもストーリーが練られている
  • より万人ウケするRPG作品となった

FFⅣの悪い点

  • ジョブが廃止され、育成面でのやり込み要素が少ない

FFⅣに投票した人の声

ストーリー構成が良くできている。キャラクターに感情移入ができ、魔法や戦闘等も複雑でなく適度です。ただもう少し、召喚魔法を強力にして欲しかったのとダメージもMAX9999ではなくそれ以上にして欲しかった。最後は固定メンバーでしたが、それまでに色々なパーティーを組めたのも面白かった。好きなキャラクターはリディアでしたが、最後セシルと結ばれないかと思いましたが、そこは仕方ないかな。エッジが幸せにしてくれるでしょう。
ストーリーがよく練られており、登場人物が皆、個性、特性がありキャラが立っていて魅力的だった。また戦闘システムも程良かった。スーパーファミコン時代の派手過ぎないドットが好きでした。
当時の作品としてはグラフィックが超キレイ!と感動した記憶がある。パロムとポロムは泣けた…。
私が初めてプレイしたのはFF4でした。当時はスーパーファミコンのソフトしかなく、FFシリーズで初めて発売されたスーパーファミコンのソフトでした。スーパーファミコンでありながら、BGMや映像等の演出も素晴らしく、何よりストーリーや世界観がとても良かったのを覚えています。PSとDSに移植されたソフトもプレイしましたが、ムービーが新たに追加されていたりして、より良い作品になっており、ますます好きになりました。今はもう手元にソフトはありませんが、また新たにソフトを購入し、プレイしたいと思うほど私の好きな作品だと思っています。
FF4かFF7で迷いましたが、やはり4!初めは悪役からの流れで始まり、パラディンに・・・。ボムのかけらで街を破壊し、落胆してしまう主人公・・・。ストーリーの流れがとても映画的でワクワクさせられました。長年プレイしていないですが、新しいスタイルでリメイクしてほしい作品の一つです。
FF4の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】国民的RPG作品となっているファイナルファンタジー、通称FF。今回はその4作目であるFF4のレビューをしていきます。 FF4は初め...

3位 FFⅨ 30票

「原点回帰」がテーマのFFⅨが3位にランクイン。FFⅦやⅧの近代的世界観と違い、中世的ファンタジーな世界観となっている作品なので、FFⅠやFFⅢをプレイしてきた人は昔を懐かしみながらプレイすることができる。

FFⅧはゲームシステムが複雑かつ特殊だったゆえに不評を買っていたこともあって、今作では非常にシンプルなゲームシステムとなっており、複雑なシステムが苦手な人でも簡単にプレイできるようになっています。ゲームバランスもちょうど良く、RPG初心者の人でもできるFF作品となっています。

また、FFⅨをプレイした人は「キャラが可愛らしく、それぞれのストーリーも好き」という声が多く、キャラ人気が高いのもFFⅨの魅力。ちょうど良い難易度、シンプルなゲームシステム、ハマれるキャラクターのストーリーによって、FFシリーズの中でも人気のある作品となっています。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

FFⅨの良い点

  • ゲームシステムが非常に簡単
  • 絵本のような柔らかみを帯びた世界観が人気
  • PS2に匹敵するほど綺麗なグラフィック

FFⅨの悪い点

  • 難易度に物足りなさを感じることも
  • 育成面のやり込み要素が少ない

FFⅪに投票した人の声

歴代で一番好きなFFです。音楽も素晴らしく、特にビビのテーマと双子のピエロのテーマ、ベアトリクスのテーマ、チョコボに乗っているときの音楽、オープニングの曲が大好きです。個性的なキャラクターが多数おり、チョコボの森でお宝さがしをやってレアアイテムを入手したり、ちょっとしたミニゲーム(オークションやチャンバラなど)もやりこんでお金が無くなったり、制限時間終了までにクリアしなければならないスリル感、モーグリを用もないのに何度も呼び出して怒らせたり、絵本のようなかわいらしいグラフィック、お芝居を見ているかのようなストーリー(ストーリー自体は重いお話ですが)、どれをとっても素晴らしい、何度でもプレイしたいと思えるゲームです!
武器を合成して作れるのが楽しかったです。序盤の武器を売らずに持っていないと最強の武器が作れなかったりするのもおもしろかったです。
グラフィックがきれいなのとストーリーの作り込みがしっかりしていてよかった。
キャラクターが可愛らしくストーリーが悲しくも面白いから。
その頃のFFはキャラの頭身も高くなり、システムもどんどん複雑化していて、昔ながらの良さが個人的に感じられなくなっていました。でも、9は久々にFFって感じがして懐かしかったです。ストーリーも切なさあり、恋もあり。中身があって楽しめました。サブイベントのモーグリの手紙やチョコボの宝探しもあり、結構やり込み要素があって楽しかったです!
FF9の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】国民的RPGであるファイナルファンタジー、通称FF。その9作目であるFF9のレビューをしてみました。 FF9は「原点回帰」をテーマ...

2位 FFⅩ 56票

FFシリーズの中でも特に人気のタイトルとなっているFFⅩが第2位にランクイン。ちなみに私が最初にプレイしたFFソフトでもあり、私も大好きな作品です。「【FF】戦闘曲からフィールド曲まで!作業用BGMに最適な神すぎるおすすめ曲30選!」にもFFⅩのBGMを載せていますが、FFⅩはBGMが本当に良いんですよね。

FFⅩといえばやはりそのストーリーが最高。近未来とアジア文化を融合させたような世界を舞台に、召喚士がシンという強大な敵から世界を救う物語。儚さに溢れるそのストーリーは、最後にプレイすると思わず感動してしまう人も少なくありません。映像も非常に綺麗で、シリーズ最高傑作に挙げる人は少なくないでしょう。

成長システムもスフィア盤という独自のシステムが導入されていますが、FFⅧのときのように複雑なシステムではないので、すんなりと受け入れられるかと。というより、自由度もあって普通の成長システムよりも楽しみながらキャラを成長させられます。

PS3版やPS4版も登場していますし、今プレイしても間違いなく楽しめるFFシリーズ屈指の名作だと思います。初めてFFをやるなら、個人的にはFⅩをおすすめしたい。

FF10については「FF10の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」にさらに詳しくまとめているので、詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。

個人的おすすめ度

★★★★★

FFⅩの良い点

  • シナリオはFFシリーズ最高傑作
  • スフィア盤という独自の成長システムが面白い
  • BGMも名曲が多い
  • やり込み要素も豊富

FFⅩの悪い点

  • レベル上げが容易で、簡単にインフレが起きてしまう
  • 進行が一本道で自由度は低い

FFⅩに投票した人の声

ティーダとユウナがリアルでカッコよくまた、可愛いかった。映像がとても綺麗で、とてもゲームの世界観ではなく、映画の一コマを見ているようで、楽しかった。
とにかくストーリーがおもしろいのと、キャラの強化にスファア版を育てていくシステムが本当にやり込み要素が多くて面白かった。
初めてプレイしたのは小学生の時でした。その時はストーリーもわからず、ただ大きな敵を倒すことだけを目的としていました。 そのため、マカラーニャ寺院のアニマ戦で詰むことが多々ありました。しかし、高校生になり改めてプレイしたときにまず一番に思ったのが、ストーリーの面白さでした。仲間全員それぞれストーリーがあり、ひとつひとつを追っていくのが楽しかったのを覚えています。最終的には、ユウナの通常攻撃でラスボスを撃破したのを今でも覚えています(笑)やり込み要素も多々あり、サブストーリーも盛りだくさんなので、今でも色褪せない名作だと思います。
のめり込める世界観が好き。ストーリーもしっかりしていてキャラに感情移入できる。最後には感動して泣いたため印象深い。
物語、戦闘、音楽、ムービー、クセのある多くの登場人物、全てが魅力的でした。また幼かった当時、初めて本格的にプレイしたファイナルファンタジーのナンバリングタイトルでもあるので一番思い出深い作品です。戦闘はよくあるターン制ですが、キャラごとに固有の必殺技のようなものがあり、単なる〇連打~のような単調な作りにはなっていなかったので中々楽しめました。

1位 FFⅦ 67票

歴代FFシリーズの人気ソフトランキングのトップに輝いたのはFFⅦ。おそらく、FFシリーズ中もっとも知名度のある作品かと。クラウドやセフィロスといった人気キャラが多数登場する作品ですからね。

FFⅦは、シナリオの作り込みが非常に評価されている作品。FFⅩでもそうですが、人気のある作品はやはりシナリオがきちんと評価されているものになっていますね。

また、武器や防具にマテリアを装備させ、様々な特性を得ながらマテリアを育てていくFFⅦ独自のマテリアシステムも評価が高く、バトル面・シナリオ面ともに評価を受けているFF作品です。

FF7は「FF7の評価・レビュー【面白かった点・イマイチだった点リアルな感想つき】」でレビューしているので、より詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

FFⅦの良い点

  • 2D→3Dに変わった初のFFソフト
  • クラウドやセフィロスといったFFシリーズの人気キャラが登場する
  • 練り込まれたストーリーが評価されている作品
  • 独自のマテリアというゲームシステムが面白い

FFⅦの悪い点

  • ゲーム難易度がかなり簡単

FFⅦに投票した人の声

キャラクターがみんな魅力的。発売当時子どもがプレイしているのを見て自分もプレイして嵌ってしまった。全クリした唯一のRPG。エンディングでは泣いた。思い出すともう一度プレイしたくなってきた。
ファンタジーとSFの世界観が一体となった、プレイステーションを代表する大作RPGだと思います。登場するキャラクターも魅力的。ゲームシステムも、装備品の強化といった斬新なアイデアが盛り込まれていて何かのハードウェアで、もう一度じっくりとプレイしてみたいタイトルです。
映画の様なストーリー、魅力的なキャラが多く敵までカッコいい。斬新なマテリアシステムとミニゲーム等やり込み要素も適度にあり、飽きずに最後まで突っ走れる作品です!
発売当時はびっくりしたほどの映像でした。FF6までのドット絵からいきなり3Dになり感動したのを今でも覚えています。マテリアの組み合わせで全体攻撃を可能にしたりアビリティの強化をできるというのも初めてでしたので面白かったです。キャラデザも天野氏から野村氏に代わったことで親しみやすい絵になり魅力的なキャラも多かったです。
世界観が最高でした。ダークな雰囲気が良かったです。マテリアシステムはよく出来ていましたが後半になるにつれて自キャラが強くなりすぎてやや物足りない感じがしました。




まとめ

今回、歴代FFソフトの中で特に人気の作品を決めるべく、このようなランキングを作成しましたが、まとめながら懐かしくなってついついまたやりたくなってしまいましたね。FFシリーズはシリーズものではあるものの、どの作品から始めても問題なく楽しめるソフトとなっているので、この記事をきっかけにプレイしてみたくなった人は、ぜひともFFシリーズを始めてみてください。個人的には、初めてFFをやる人にはFFⅩがおすすめです!

POSTED COMMENT

  1. バターバ より:

    来年にはFFVIIのRemake版が発売されるので楽しみですね

  2. 匿名 より:

    初代にチョコボは出てないのでは?

  3. FF より:

    初代にチョコボは出てないのでは?

  4. ビビ より:

    9のリメイクしかリメイクは買わない。

    7人気だけど私の中ではFF1位は9が1番。

    もう20回近くあの悲しいエンディング見てます。 飽きません?

  5. 匿名 より:

    個人的おすすめ度いらないと思います

  6. 匿名 より:

    結局個人の好みの問題だけどff10が☆5つはないな
    ストーリーは神だがゲームシステムは一本道のクソゲー 

  7. 匿名 より:

    9はキャラがドラクエみたいでw
    ffと言う感じがしなかったな。
    個人的に9さ苦手

  8. 匿名より より:

    XのストーリーとX-2の自由度があれば最強だったと思うんだけどなぁ。X-2のスフィアブレイクやクリクリみたいなやり込み要素好きだったよ。
    一方で続編のストーリーが賛否両論故に前作のストーリーは神なのに安易に勧めにくい作品の一つ。

  9. 匿名 より:

    9こそがFF
    もうほんとにファンタジー
    BGMは13-2が圧倒的

  10. 匿名 より:

    9のどこらへんがドラクエ?
    FFもドラクエもプレイしたことがないんじゃ?いい加減なこと言うなよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。