フェアリーテイル

【フェアリーテイル】六魔将軍(オラシオンセイス)についてまとめてみた【ギルドメンバー6人の少数精鋭ギルド】

フェアリーテイルに登場するバラム同盟の一角を成す闇ギルドの六魔将軍(オラシオンセイス)。六魔将軍(オラシオンセイス)はギルドメンバーが6人しかいませんが、一人一人が単独でギルドを潰せるほどの実力者が揃う少数精鋭のギルドです。

今回、六魔将軍(オラシオンセイス)のギルドメンバーなどの詳細情報をまとめてみました。六魔将軍(オラシオンセイス)の情報を振り返っていきたい方は是非ご参照ください。

六魔将軍(オラシオンセイス)

バラム同盟の一角

六魔将軍(オラシオンセイス)は闇ギルドの一つで、闇ギルドの中枢となるバラム同盟の一角。ギルドメンバーはたったの6人しかいないが、メンバー一人一人が単独でギルドを潰せるほどの実力者で、少数精鋭のギルドとなっている。

ギルドメンバーはそれぞれ祈りとコードネームを持っており、それを触媒に生体リンク魔法で繋がっている。六魔将軍(オラシオンセイス)のメンバー自体は6人だが、傘下に多くの闇ギルドを擁立しており、戦いの際は傘下の闇ギルドのメンバーも戦いに加わる。

六魔将軍(オラシオンセイス)のメンバー一覧

ブレイン

六魔将軍(オラシオンセイス)の司令塔。かつては魔法開発局に所属しており、数多くの魔法を生み出してきた。コードネームの通り知識を好み、古文書(アーカイブ)という魔法の中からニルヴァーナの情報を見つけ出し、ニルヴァーナを起動をさせ世界を滅亡させることを目指していた。顔にあるラインは生体リンク魔法で、ギルドメンバーが敗れる度にラインが消えていき、すべてのラインが消えると裏人格であるマスターゼロが目覚める。闇のエネルギー波やレーザーなどを放つ魔法を使用する。

マスターゼロ

ブレインの裏人格で六魔将軍(オラシオンセイス)のギルドマスター。なによりも破壊を好み、この世のすべてを破壊したがっていた。扱う魔法はブレイン時と似ているが、ブレインの時よりも威力やレパトリーは断然上。

ミッドナイト

六魔将軍(オラシオンセイス)の中でも最強の魔導士で、ブレインのことを「父上」と呼び慕っている。扱う魔法は屈折(リフレクター)で、あらゆるものを捻じ曲げ、歪ませることができる。魔法や物体を歪ませることはもちろん、光を屈折させて幻覚を見せることも可能。ただし、人体を直接捻じ曲げることはできない。

コブラ

「毒竜のコブラ」の異名を持つ毒の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)。相手を毒に犯すブレスなど、毒系の攻撃を繰り出してくる。聴く魔法も得意とし、相手の心の声すら聴くことが可能で、思考を読み取り相手の動きを先読みすることができる。毒蛇のキュベリオスが相棒。

エンジェル

六魔将軍(オラシオンセイス)の紅一点で、ルーシィと同じ星霊魔導士。白羊宮のアリエス、天蠍宮のスコーピオン、双児宮のジェミニの3体の黄道十二門の星霊を所有していた。正体はユキノの姉。

レーサー

六魔将軍(オラシオンセイス)の一員。超高速移動をすることができるが、実際は相手の体感速度を下げる魔法使い、高速移動しているように見せているだけ。

ホットアイ

六魔将軍(オラシオンセイス)の一員で、異名は「天眼のホットアイ」。常にお金を最優先に考えていたが、これは弟のためにお金が必要だったため。六魔将軍(オラシオンセイス)編ではニルヴァーナの影響で改心し、ジュラと共に行動していた。

クロドア

ブレインが持っている杖で、自称7人目の六魔将軍(オラシオンセイス)メンバー。普段は杖の中に眠っているが、有事の際には目を覚まし、杖が自我を持って行動する。ただ、別段戦闘能力は高くない模様。

まとめ

以上、六魔将軍(オラシオンセイス)についてまとめてみました。六魔将軍(オラシオンセイス)はバラム同盟の中では一番最初に登場した闇ギルドなので、今となっては「他のバラム同盟と比べてだいぶ劣るのでは??」と思ってしまうのが正直なところwwただ、当時は毒の滅竜魔導士の存在やマスターゼロの登場にはワクワクしたものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。