フェアリーテイル

【フェアリーテイル100年クエスト】107話のネタバレ【イグニアVSセレーネの結末がとんでもないことに・・・】

フェアリーテイル100年クエスト107話の要約と注目ポイントをまとめています。107話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、フェアリーテイル100年クエストの内容を振り返りたい方はご活用ください。

フェアリーテイル100年クエスト107話のネタバレ

竜となったセレーネとイグニアが対峙する。

ナツは両者の喧嘩に混ざろうと考えていた。

イグニアとセレーネのブレスがぶつかり合う。

イグニアが空中から炎弾を繰り出す。

セレーネは尻尾の攻撃で応戦した。

ナツはアクノロギアによってイグニールがやられた時のことを思い出していた。

セレーネが「かの炎竜王イグニールの息子がこの程度の炎とはな、笑わせるでない」と月影掌を放つ。

イグニアは「笑いてぇのはこっちだぜ、この程度の奴と同格にされてたとはなァ」と火力を上げセレーネを発火させる。

セレーネは空間転移で水中を経由して炎を消してきた。

そして、月光蝶をお見舞いした。

セレーネが「そなたの最大の弱点はそのオゴリだ、誰にも負けないと思い込んでおる」と言うと、イグニアは「だってよう、本当の事じゃねぇか」とぶつかり合おうとし、そこにナツが「やめろォォォォォォー」と口を挟む。

それを見たイグニアが「親父が死んだ時の事を思い出しちまったのか?」「知ってるぜぇ、アクノロギアにやられたんだよなァ」と返し、「オレの親父は最強の竜だった、だがアクノロギアにやられた」「オレは違うぞナツ、オレならアクノロギアに勝っていた」「こんな風になァ」とブレスでセレーネを貫いていった。

<<前の話 107話 次の話>>

【フェアリーテイル100年クエスト】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】フェアリーテイル100年クエストのネタバレ記事をこちらに一覧形式にしてまとめています。フェアリーテイル100年クエストの最新話や今までの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。