フェアリーテイル

【フェアリーテイル100年クエスト】104話のネタバレ【ミサキの魔法が最強すぎる・・・】

フェアリーテイル100年クエスト104話の要約と注目ポイントをまとめています。104話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、フェアリーテイル100年クエストの内容を振り返りたい方はご活用ください。

フェアリーテイル100年クエスト104話のネタバレ

キリアがやられたことでラクサスが正気を取り戻す。キリアに勝ったルーシィを見てラクサスは「強くなったんだな、ルーシィ」とルーシィの強さを認めていた。

イグニアを追うナツにスザクが「ドラゴンスレイヤーであろう、匂いでわからぬのか」と疑問をぶつける。ナツが「おまえもな」と返すと、スザクはイグニアとは初対面であるゆえ匂いを追うことはできなかった。ナツもイグニアの匂いを追うことはできなかった。そんなナツの元にハッピーが合流した。

エルザとミサキが対峙していた。

エルザは「私一人で十分だ」とミサキの相手を一人で請け負った。

グレイはミサキにラクサスやギルダーツに近い魔力を感じていた。

ミサキはブルーディメンションを発動し、エルザを異次元に連れていく。

ミサキは「この世界では私こそが絶対」とブルーストリームを放った。

消えたエルザとミサキが元の空間に戻ってきた。ブルーディメンションでの5秒は現実時間での約5時間に相当し、5時間分のダメージが一気にエルザを襲う。

エルザを倒したミサキが今度はグレイたちを相手にしようとするが、ボロボロになりながらもエルザが立ち上がる。

ミサキは「次は24秒」と丸一日拷問するのと同様のダメージを与えようとする。そして、再びブルーディメンションにエルザを連れていった。ブルーディメンションはミサキだけの世界で、ミサキだけがだけが一方的に敵を攻撃できるできる世界。ミサキが再びブルーストリームを繰り出すが、エルザは「私はうまく動けぬが鎧は動かす事はできる」と魔法で鎧を操作して攻撃を躱した。

そして、天輪 繚乱の剣で反撃していった。

<<前の話 104話 次の話>>

【フェアリーテイル100年クエスト】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】フェアリーテイル100年クエストのネタバレ記事をこちらに一覧形式にしてまとめています。フェアリーテイル100年クエストの最新話や今までの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。