フェアリーテイル

【フェアリーテイル100年クエスト】100話のネタバレ【大迷宮にイグニアが登場】

フェアリーテイル100年クエスト100話のネタバレを掲載しています。100話では、ナツとスザクの死闘が繰り広げられる。その戦いの最中、イグニアが2人の前に現れる。フェアリーテイル100年クエスト100話の内容を知りたい方はご覧ください。

フェアリーテイル100年クエスト100話のネタバレ

ナツが「おまえにはやられたきりだったからな」と言うと、スザクは「無駄、何度やっても結果は同じ」と返す。

ナツが「おまえ、セレーネを倒すって言ってたのになんで仲間になってんだよ」と聞くと、スザクは「簡単、奴の目的も五神竜を倒す事だからだ」と答える。ナツが「別にまとめて倒してやるから問題ねぇけどな」と構えると、スザクも「そなたに拙者の剣はかわせぬゆえ」と同じく剣を構える。

スザクが超高速の居合いを繰り出すが、ナツは両腕で防いでいった。

スザクが「バカな、かわせぬと見て防いだだだと!!?」「竜の鱗を切り裂く我が剣を」と驚いていると、ナツは「この炎は炎竜王の鱗だ」と返す。

再びナツが腕で刀を防ぐとスザクが「素手で剣閃を!!?」と驚愕し、ナツは「ちょっと集中力がいるが、なんとかなるモンだな」と言ってのけた。

「解せぬ」とスザクが向かっていくが、ナツは「せまい場所じゃ刀は不利だぞ」と飛び蹴りを繰り出した。

スザクが「このような壁、クルヌギの剣ならば」と壁を破壊しようとするが壁は壊れず、「知らなかったのか?この壁どうやっても壊せねーんだよ」とナツが追撃を掛ける。

スザクが「そなた、以前まみえた時は手を抜いておったのか」と言うが、ナツは「そんな訳ねーだろ」と返す。スザクが「これほど短期間で強くなるハズがない」と言うと、ナツも「そりゃそうだ」「修行ってのは毎日の鍛錬のつみ重ねだからな」と言った。スザクが「しかし、そなたの動き」とナツの動きに言及すると、ナツは「そう、「動き」だ」「同じ相手と戦うなら「動き」を見るんだ、お前のクセ、踏み込みの角度」「一度やり合えば色々わかる、それが俺たちのつみ重ねだ」と返し、スザクは「意外、こやつ印象よりも頭がいい」と感じていた。

スザクが刀でナツのパンチを防ぎ「12−5は!?」と聞くと、ナツは「何!!?」「12ってルーシィの鍵の数だろ?」「そこから5引いて5て何だよ、クソ」「10だ」と適当に答え、スザクは「やっぱりバカだ」と考えを改めた。

スザクは「戦闘のセンスにおける頭の回転の速さ、これが奴の賢さゆえ」「そこをにぶらせる」と踏み込みタイミングを変え、刀を繰り出していった。

が、それでもナツは斬れず、スザクは「これでも斬れぬか」「炎竜王の鱗を切り裂くにはこちらも集中力を高めなければ」と集中力を高めていった。

ナツは炎竜王の崩拳を繰り出す。

スザクが「そして認めねばならぬ、こやつは強い」と炎を防ぐと、ナツも「マジか、おまえもオレの炎を防いだのか!!?」と驚く。

スザクはクルヌギ流抜刀術 深淵 冥界黒煉斬を放つ。

ナツは直撃するが「あっぶな」「少しでも魔力を攻撃に振ってたらバラバラになってたかもな」とスザクの奥義を耐えていた。

スザクが「それにしてもなんという熱気、これが炎竜王の炎」と異様な熱さを感じていると、ナツが「い、いや違う、これはオレじゃねえ」と誰かの炎であることに気づく。ナツが「なんだよこの壁、絶対に壊れねーんじゃなかったのかよ!!?」と壁が溶けていることに気づくと、「人間にはな」「よう、ナツ」とイグニアが現れた。

セレーネも「なぜ奴がここに、目的は何だ!?」「まさか迷宮の真実を知っているのか」と動揺を隠せていなかった。

<<前の話 100話 次の話>>

【フェアリーテイル100年クエスト】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】フェアリーテイル100年クエストのネタバレ記事をこちらに一覧形式にしてまとめています。フェアリーテイル100年クエストの最新話や今までの...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。