ドクターストーン

【ドクターストーン】224話のネタバレ【千空たちが宇宙空間で目を覚ます】

ドクターストーン224話のネタバレを掲載しています。224話では、千空たちが宇宙空間で石化から解かれていく。そして、宇宙空間でのロケットの連結を始めていった。ドクターストーン224話の内容を知りたい方はご覧ください。

ドクターストーン224話のネタバレ

千空が宇宙で石化から目覚めていく。

千空が「なんで俺の石化だけ解けた」「ドッキングの操作はパイロットのスタンリーだ」「故障か!!?復活時計の」と考えていると、「おお千空、そろそろお目覚めかな」とゼノからの通信が入り、千空は「つうことは故障じゃねえな、ゼノテメーか」と気づいていく。

ゼノが「なにせ無重力空間だ、液体は流れない」「復活液の失敗リスクも鑑みて念のため千空君を一足早く起こしたというわけだ」と説明すると、千空が「んなもん事前に」と返そうとするが「あー、そういうことにしていてやるよ」と意図に気づき、ゲンも「もともとゼノちゃんも百夜ちゃんたちの仲間だもん」「千空ちゃんに渡したのね、宇宙で一人だけになれる涙してもいい時間」とゼノの計らいに気づいていた。

スタンリーも目覚めると、千空は「俺が起きてんの見て驚きもしねえ、スタンリーテメーも知ってやがったな」「ゼノとオッサンコンビ二人で何気ぃ遣ってんだ、気色悪ぃ」と言った。

スタンリーが「気ぃ遣う?頭めでたいぜ、千空」「俺は軍人だかんな、ミッションに従ってんだけだ」と返すと、千空は「そういうことにしといてやるよ」と受け取った。

ゼノが「20世紀の話だが、宇宙船には窓が無い設計案もあった」「だが、パイロットがボイコットしたという逸話まである」「肉眼で宇宙を見ることはそれほど飛行士の精神衛生上大事ということだ」と伝えていくと、スタンリーが「平気かよ酸素」と返し、ゼノは「宇宙船ドッキング作業が未知数だからね、十分に余裕をもってある」「もう一名目覚めても構わないくらいには十分にね」と伝えた。

目覚めたコハクが無重力状態にはしゃいでいた。

千空が「フランソワ先生作ビニールパック詰め宇宙ラーメンだ」とラーメンを渡していく。

コハクが「数千年前、千空の父百夜も食べたのだな」「同じものを、この同じ宇宙で」「百夜たちの暮らした宇宙ステーションとやらもまだこの宇宙に漂っていたりはしないのか!?」と尋ねるが、千空は「いや、制御する人間がいねえからな、とっくに堕ちて流れ星になったわ、何千年も前に」と返した。コハクが「そうか」と残念そうにするが、千空は「いいんだよ、それで」「言っただろが、もともと宇宙ステーションも分割で飛ばしてから宇宙でドッキングさしたって」「今度は俺らが作ってんだよ、宇宙でドッキングさして狭い地球なんざ飛び出るストーンワールド、宇宙科学文明を」とロケットの連結を始めていった。

<<前の話 224話 次の話>>

【ドクターストーン】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ドクターストーンのネタバレ記事をこちらにまとめています。ドクターストーンの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ドクタ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。