ドクターストーン

【ドクターストーン】205話のネタバレ【SAIの加入でコンピューターを作ることに】

ドクターストーン205話のネタバレを掲載しています。205話では、SAIの天才的理数系センスが明らかになる。SAIの能力を知った千空は、コンピューターを作ることを決意していく。ドクターストーン205話の内容を知りたい方はご覧ください。

ドクターストーン205話のネタバレ

プログラマーだっ

龍水に兄がいたことに一同が驚いていた。

ゲンが「なんで言わなかったの、お兄さんって話」と言うと、龍水は「ん?どうでもいいだろう、そんな情報は」「この男七海SAIは超有能だ、だから欲しい」「それだけだ、違うか!?」と返すが、肝心のSAIは「いやっ」「だから僕はそんな天才とかじゃないんだって」「龍水お前がっ、勝手に言ってるだけだ昔から」と説明する。チェルシーが「えー、おもろ」「んじゃ変態天才情報間違い!?」と聞くと、SAIは「ああっ、間違いだ」と答える。チェルシーが「バクショ、ウケる」「じゃあ、ただのなかよしじゃん、よろしく」と握手すると、SAIが「い、いいのか、それで??」と喜ぶが、龍水が「いいわけないだろう」「知っているぞ俺は、兄弟だからな」「SAI、貴様が4歳の時から秘められた能力を」とSAIについて語っていく。

子供の頃のSAIが「2959京9820兆3744億0224万4953」と超ハイレベルな計算を一瞬で解き、それを聞いた子供の頃の龍水が「欲ちい」と言ったエピソードを龍水がしていく。

SAIが「そんなっ、暗算は、意味、ないっ」「コンピューターなら一瞬じゃないか」「あの時の僕みたくたっぷり時間かければ10桁のかけ算くらいまでなら誰だって解けるさ」と言い放つが、ゲンたちは「そ、そうかな?」と感じていた。

龍水は「自身でどう捉えようと貴様の理数的センスは隠しようもない」「七海財閥が、いや、この俺が欲しがらないわけがないだろう」と再び子供の頃の話していく。

「SAIお坊ちゃまは既に線形代数位相と集合も理解されてます」と執事が伝えると、龍水たちの父親は「全ての時間を数学に集中させろ」「七海財閥専属の保険数理士に育て上げるぞ」と返していた。

SAIは屋根裏で一人ゲームに興じていた。

龍水が「SAI、貴様は何を言っている?」「全てやればいいじゃあないか」「全てが欲しい、違うか!?」「ゲームを遊びゲームを作り、数学を極め数理士となり七海財閥も手に入れる」と告げると、SAIは「そ、そんなことできるわけっないだろ」「僕はただ、大好きなゲームのプログラムを作ってたいだけなんだ」とパソコンに向かっていた。

龍水が「SAI、貴様の力が欲しい」「レース場を一緒に作るぞ」「最適なレーシングラインの計算だ」「今度は帆船を一緒に作るぞ」「帆について数値流体力学で」とSAIを追い回すが、SAIは「いやだっ」「だから俺は数学者じゃない、プログラマーだっ」とインドに逃げていった。





この数字が全部ドラゴンクエストだ

SAIが「この石だらけの世界でまともなパソコンができるまでどのくらいかかる??」と聞くと、千空は「半導体が地獄だな」「地獄っつか現状じゃどうあがこうが無理ゲーだ」「最短でも5年か10年か」と答え、SAIは「なんでっ起こしたんだ、僕なんかを」「電卓もないようなこんな世界で蘇って、プログラマーに何ができるって言うんだよ」と絶望に暮れる。

龍水が「SAIはああ言っているがな、いざとなればやる男だ」と言うが、チェルシーが「数学専門じゃないっぽいじゃん」「可哀くない??」と返し、クロムも「計算も速いわけじゃねえっつってたな」と言う。

コハクが「みじんでもミスれば皆が死ぬのだろう?」と聞くと、千空は「まあどっちみち、軌道計算はSAI一人じゃ無理だ」「アポロ計画と違うのはなんせホワイマンが読めねえ」「刻々変わってく状況に24時間超スピードで対処しなきゃなんねえ」と説明し、龍水も「逐一人力計算ではSAIの為に何人集めようが綱渡りに変わらないな」と語る。

SAIが「パソコンまであと5年、10年」「その間僕に何してろって言うんだ」「プログラムもできないのにそんなの5年、10年」「ただ生きてるだけ」「違う、プログラムができないんじゃない」「僕にはプログラムしかないんだ」とペンを手に取りなにかを決意する。

ゲンたちが心配になってSAIの部屋に入ると、SAIは壁中に文字を書いていた。

ゲンが「ひぃいいいいい」「これ、は!!?」と驚くと、千空が「マシン語だ」「直でコンピューターにブチ込む一番原始的なプログラム言語な」と説明する。

皆が部屋に入って来たことに気づいたSAIが「あっ、ちょ、こ」「見るなー」と叫ぶが、クロムは「いや、見んなって見えるだろ、どうやってもよ」とツッコむ。SAIが「だって今、この世界にっコンピューターが無いなら僕にできることは書きためておくことだけじゃないか」と言うと、千空は「俺らには読めねえよ」「プログラムか、これ?」「この数字が全部ドラゴンクエストだ」と言い放つ。

龍水が「つまり、どんなに原始的なマシンだろうとプログラムで、SAI貴様ならコンピューターの中に宇宙を作れるんだな?」と確認すると、SAIは「ああ作れるよ、どんなプログラムだって」と答え、千空は「な〜ら予定変更だ」「SAI、テメーの超絶技巧がありゃ創世記のコンピューターでも戦える」「つまり、ファミコン作りゃロケットが飛ばせる」「人類の特異点、科学クラフト最大のクライマックスだ」「俺らはストーンワールドにコンピューターを作る」と宣言する。

<<前の話 205話 次の話>>

【ドクターストーン】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ドクターストーンのネタバレ記事をこちらにまとめています。ドクターストーンの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ドクタ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。