ドクターストーン

【ドクターストーン】192話のネタバレ【千空VSゼノの長い戦いが決着】

ドクターストーン192話のネタバレを掲載しています。192話では、地球全土を包む石化光線が発せられ、ゼノたちが復活液奪取を目論む。が、千空たちは復活液をメデューサタワーの音の受け皿に置き、石化後確実に復活液が降り注ぐ仕組みを作っていく!?ドクターストーン192話の内容を知りたい方はご覧ください。

ドクターストーン192話のネタバレ

地球全部

全世界が再び石化していく。

クロムが「マジか、北米から石化光線で」と言うと、千空は「あぁ」「人類滅ぼしてでも最後は全員救って俺らが勝つ」と伝えていく。ゲンが「何分後?ここまで石化光線届いちゃうのって?」「もし北米組のみんながミッション成功さしたとして」と言うと、千空は「さしたとしてじゃねえ」「あいつらはやり遂げる、成功させる」「で、信じまくって賭けるっきゃねえんだよ」と言う。カセキとクロムが「宝島ん時みたく千空のスッゴいカウントで光線くるピッタシに復活液投げ上げりゃいんだな」と言うと、千空は「あー」「ただ、光線はデカいほど爆速になっからな」「タイミング運ゲーすぎる、一か八かだ」と伝えていく。

クロムが「おう、だったらよ」「ヤベーほど地道だがな、いつか必ず復活液ぶっかけられる」「科学のカラクリで」と千空に伝えようとするが、千空が銃で撃ち抜かれていく。

石化光線の光を見たゼノが「創り上げたのか、千空」と言い放つ。

光を見たフランソワが「北米での暴発??」「いえ、そんなはずはありません」「これは石化復活を狙う大逆転の一手」と考えていると、羽京が放った矢によって縄が解かれていく。

フランソワが「没収された私たちのリュック」「中に復活液がございます」と伝え、スイカが復活液の元に走るが、「その通りだよ」「復活液という名のノアの箱舟は、ここにしか無い」とゼノが行く手を阻んでいく。





また逢う、その日までよ

スタンリーがスイカたちを射撃していくと、ゼノが「救出まで約100日というわけか」「おお、もう少し早いかと思っていたが」「手を抜いたかな、スタン?」「囚われのプリンセスが腐れ縁の科学者では」と言うと、スタンリーは「うるせえな」「熱い感謝だべってる場合かよ、来んぞ石化光線」と返していく。

ゼノが「大量に投げ上げるしかないな、復活液を」「もし光線が前回と同じ速度ならば、地平線に見えてから到着まで56秒後」と説明していくが、マヤが「無いよぉ?復活液のビンなんてぇ」と復活液が無いことに気づく。

スイカが復活液を抱えて走っていた。

スイカ→クロム→ゲンと復活液がリレーされていく。

ゼノが「なぜ、復活液をメデューサタワーの音の受け皿に」と考えていると、千空が「あぁ〜、そうだゼノ」「人類滅亡何日後、いやもしかすっと何か月後になるかもしんねえが、猛獣の声、雷鳴、いつか必ず自然の音で、科学の復活液は降り注ぐ」と伝えていく。

ゼノが「奪れ、最後の復活液を」と指示するが、千空はスイカに「タワーの真下まで動けんのはテメーだけだ」「お役に立つんだろ」と伝え、スイカがタワーの真下に向かっていく。

千空は「じゃあな、ゼノ」「何日後か何年後か、人類復活の日」また逢うその日までよ」と伝えながら石化されていく。

<<前の話 192話 次の話>>

【ドクターストーン】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ドクターストーンのネタバレ記事をこちらにまとめています。ドクターストーンの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ドクタ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。