デスノート

【デスノート】作中で描かれた名言・名シーン総まとめ

漫画史に残るレベルの頭脳戦漫画として話題になったデスノート。私は連載当時学生だったのですが、クラスの友人がデスノートを自作していた記憶があり、非常に話題となっていた作品です。

今回、そんなデスノートにおける名言や名シーンをまとめてみました。デスノートで描かれた名言や名シーンが気になる方はぜひこちらをご覧になってください。

 

デスノートの名言・名シーン

 

夜神月の名言・名シーン

 

そして僕は新世界の神となる

デスノートの名言として外せないセリフ。デスノートを読んだことがない人でもこの名言は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか??ここから月のキラとしての活動が始まっていくわけです。

 

下手を打てば・・・キラは・・・自分の家族を殺す事になる

Lに存在を認識された後の月のセリフ。直接的にキラによって殺されたわけではないが、キラを巡る戦いの中で死亡しているのである意味月によって殺されたとも言える。これは第1巻でのセリフだが、今振り返ってみるとこのセリフが後々の伏線となっていたということになる。

 

こう見えても僕は結構モテるんだよリューク

尾行者をはめるために月が女の子を電話で呼び出す際に放った月の一言。「こう見えても」と言ってますが、実際はイケメン・全国模試1位・テニス全国制覇・社交性ありと、どう見てもモテ要素しかありませんけどねw

 

器用さなんて関係ないよ 器用より器量だ もしかしてリュークモテないの?

リュークに「器用だな モテるだろ?」と聞かれた時の月の返答。作中であれだけのモテっぷりを見せていただけにかなり説得力あるセリフとなっていると思います。

 

くそっやられた

入学式でLに「Lです」と名乗られた後の月の反応。普段冷静な月ですが、こうやって露骨に感情を露わにすることがあるところも月の良いところですよね。

 

計画通り

所有権を失ったデスノートをライトが再び手にした時のセリフ。デスノートのセリフの中でも有名なセリフで、「デスノートの名言といえば」というセリフですね。リアルでうまくいった時にはぜひかましてやりたいセリフです。

 

ふっ 女なんて簡単なものだ

人気アナウンサーとして活躍する高田清美を部屋に誘い出した時のライトのセリフ。完全にイキってますが、超人気アイドル、超人気アナウンサーを次々と落としているので勘違い発言ではありません。どんだけモテるんだこの男は!!

 

そうだ 僕がキラだ

完全に追い詰められ、ついに自身の正体がキラと明かしたライトが放ったセリフ。狂気染みた表情が最高です。当時は「こっからライトがどうやって巻き返すのか??」とワクワクしました。

 

馬鹿野郎ーっ!!松田 誰を撃ってる!?ふざけるなーっ!!撃つなら僕以外の人間を撃て!!何をやってる!?

腕時計に仕込んでいたデスノートにニアの名前を書き込もうとしたが、松田の銃撃で阻止された時のライトのセリフ。もう言ってることがめちゃくちゃですwライトお得意の顔芸も光る。こんなライトは見たくなかった。

 

Lの名言・名シーン

 

い・・・命を懸ける事と命をやすやす奪われる可能性がある事をするのは正反対の事です

さくらTVがキラから送られたビデオメッセージを放映した際、焦る相沢に向かって言ったセリフ。どんな状況でも焦ることなく今すべきことを冷静に考えることができるLらしい一言となっています。

 

やはり・・・私は・・・間違って・・・なかった・・・が・・・ま・・・

Lの最期の言葉。最期にキラの正体がLの予想通りライトだとわかるわけですが、最後にLが何と言おうとしたのか気になりますよね。

 

リュークの名言・名シーン

 

退屈だったから

月にデスノートを落とした理由を聞かれた時のリュークの返答。まさにリュークらしい返答ですが、本質を表しているセリフかなとも思ってしまいます。結局、人間の行動原理もほとんどが「退屈だったから」の一言に尽きるかもしれませんし。

 

人間って・・・面白!!・・・

「新世界の神となる」と言い放った月を見た時のリュークのセリフ。このセリフは「リュークといえば」というセリフですよね。

 

安心しろそんな事しなくてもライトおまえはもう・・・立派な死神だ

月と死神の目についての話をしている時のリュークのセリフ。「おっしゃる通りww」と思わせるような一言。すでに大量の人間を躊躇なく殺害している月はまさに「死神」という言葉がぴったりの人間でしょう。

 

弥海砂の名言・名シーン

 

彼女にしてください

月の前に現れ月の部屋に上がり込んだ時にミサが放ったセリフ。こんなクソ可愛い子から「彼女にしてください」と言われるとは・・月に殺意が湧いてきてしまいますね。

 

ニアの名言・名シーン

 

決めつけてかかり間違っていたら「ごめんなさい」でいいんです

「第2のLがキラなのではないか??」と疑い出した時のニアのセリフ。Lよりも攻め気の捜査のニアらしいセリフと言えますね。

 

二人ならLに並べる 二人ならLを超せる

Lですら追い詰めることができなかったキラを確たる証拠を突き詰めて追い詰めたニアが放ったセリフ。直接メロと力を合わせたわけではないですが、間接的にメロの協力を経てキラを追い詰めたという展開はなかなか熱かったです。

 

いいえ あなたはーただの人殺しです

ライトの論理を真っ向から否定するニアが放ったセリフ。まさにど正論の一言。

 

夜神総一郎の名言・名シーン

 

悪いのは人を殺せる能力だ

キラの一連の行動を見ても「キラは悪だ」とは考えないいかにも総一郎らしいセリフです。その直後「キラは不幸だ」と言い切るのですが、キラである月に向かって言っているのがなかなか皮肉です。

 

幸子・・・私はキラ事件の操作本部長だ・・・

テレビで放送されているキラからのビデオメッセージを消した幸子に向かって放ったセリフ。病院で倒れている時ですらキラ捜索のヒントになる情報は逃そうとしない責任感の強い総一郎らしいセリフと言えます。

 

再就職だな

上司に「キラの捜査を続けるならクビ」と宣言されたにも関わらずキラ捜査を続ける意志を崩さなかった総一郎が放ったセリフ。清々しいですね。ニートの鑑です。

 

レムの名言・名シーン

 

人間って生き物は実に醜い・・・

ライトがデスノートの所有権を放棄した後にデスノートを手にした火口の行いを見ていたレムが放ったセリフ。同じ死神でも人間に対する見方はリュークとは対照的ですね。どの人間に憑くかによって人間に対する印象はこうも変わってくるのでしょう。

 

魅上照の名言・名シーン

 

削除 削除 削除 削除 削除 削除 削除

魅上といえばこのセリフでしょう。キラを盲信する魅上らしいセリフです。 

まとめ

以上、デスノートにおける名言・名シーンをまとめてみました。今回は私の主観で名言や名シーンを選ばせていただきましたが、どれが名言・名シーンかは人によって意見が異なると思います。もし他に好きな名言や名シーンがありましたら、ぜひコメント欄で教えていただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。