チェンソーマン

【チェンソーマン】93話のネタバレ【デンジとマキマの最終決戦へ突入】

チェンソーマン93話のネタバレを掲載しています。93話では、デンジが世界中の人たちにチェンソーマンが応援されているのを見て、「チェンソーマンになりたい」と思うようになる。そして、マキマの元に姿を現し、マキマとの最終決戦へ突入していく。

チェンソーマン93話のネタバレ

まだマキマさんの事が好き

デンジチェンソーマンを応援する人々が映るテレビを観ていた。

「チェンソーマンつきあって」というプラカードを掲げた女子高生を見て、「すげえええ、スゲえ、モテてるう〜」とデンジは涙を流す。岸辺が「うるさい」とツッコむが、デンジは「オレぇ、ホントは、実はホントはああ」「朝、ジャム塗った食パンとかもう飽きてて」「ホントは毎朝ぁあ、ステーキとかっ食いてえんですっ」「ホントはダメだけど、ひでえ事だけど、彼女とかもホントは5人、10人くらい彼女ほしい」「たくさんセックスしたいい」と言う。

デンジが「だから俺、チェンソーマンになりたい」と言うと、岸辺は「目立てばマキマに殺されるぞ、アイツは耳がいい」「次にチェンソーマンになる時はマキマに殺される時だ」と返す。

岸辺とコベニが眠っても、デンジはまだチェンソーマンが映るテレビを観ていた。デンジは「俺はやっぱりチェンソーマンになりたい」「その為に、どうやったらマキマさんを殺せるんだろう」「チェンソー適当に振り回して勝てる相手じゃねえ」「今までマキマさんを見てきて、話してきて、何か違和感があったハズだ」「考えろ、考えろ、デンジ」「クソみたいな脳ミソ絞って考えろ」「あ〜、ダメだ」「俺の糞ついた脳ミソがもっとぐちゃぐちゃになってきた」と考えていた。マキマの今までの表情を思い出し、デンジは「最悪だな、オレ」「あんな目にあっておいて、まだマキマさんの事が好きだ」と考えていた。

マキマとの最終決戦へ

デンジの元にマキマがやって来る。

マキマが「随分と弱々しい姿になってしまいましたね」「ここへはわざわざ死にに来てくれたのでしょうか?」と言うと、デンジは「マキマさん、アンタの作る最高に超良い世界にゃあ糞映画はあるかい?」と聞く。マキマが「どうしてデンジ君に戻っているのかな」「私は面白くない映画はなくなった方がいいと思いますが」と言うと、デンジは「うーん、じゃやっぱ殺すしかねーな」と返す。マキマは「貴方の今の姿も話す内容もチェンソーマンとして相応しくありません」「不愉快です」と言い、武器人間たちと共にデンジに近づいていく。

<<前の話 93話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。