チェンソーマン

【チェンソーマン】82話のネタバレ【マキマの目的・デンジの扉の奥の真実が明らかに】

チェンソーマン82話のネタバレを掲載しています。82話では、マキマの真の目的が明らかに。そして、デンジの扉の奥の真実も明らかになります。チェンソーマン82話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン82話のネタバレ

マキマの目的

パワーマキマに殺されてしまった。マキマとデンジは部屋に戻っていく。

あまりの出来事にデンジは「これユメ?」とマキマに聞く。マキマはデンジの膝の上に寝転ぶと思い切り笑い出す。

マキマを見て驚くデンジだったが、マキマはデンジに「上を脱いで」と命令する。マキマに言われた通り上を脱ぐデンジ。マキマは「キミが普通の生活をするかわりにポチタはキミに心臓をあげる」「キミがポチタとしたのは約束じゃなくて契約だったんだよ」「私は考えたんだ」「どうすればその契約を破棄する事ができるかって」「どうすればデンジ君が普通の生活ができなくなるくらい一生立ち直れないくらい傷ついてくれるかって」「それはとても難しい事だよね」「だってデンジ君はポチタとしてた生活でも十分幸せに感じてたから」「だからまず最初にデンジ君をうんと幸せにする事にしたの」「仕事を用意してお金をあげておいしいものをたくさん食べさせてデンジ君と仲良くなってくれそうな家族も用意した」「アキ君は良いお兄ちゃんになってくれたしパワーちゃんは世話の焼ける妹になってくれた」「そういう幸せをデンジ君の普通にしてそれから全部壊すの」「これからデンジ君が体験する幸せとか普通とかはね全部私が作るし全部私が壊しちゃうんだ」「悲しみを乗り越えて友達を作ってもすぐ私が殺す」「結婚して家庭を持っても奥さんと子供は長生きさせない」と言い放つ。

デンジの扉の真実

「どうしてそんな」とデンジが聞くと、マキマは「罪を償う時がきたんだよ」と答える。マキマはデンジの昔のことを調べていた。マキマいわく、デンジは子供の頃に生きるために嫌な記憶を扉の奥に隠しているらしい。デンジの父親は自殺したのではなく、デンジによって殺されたことがマキマの口から明かされる。

扉が開くとそこには死んだデンジの父親の姿があった。

デンジは幼少期に酔った父親に殺されそうになり、正当防衛して父親を殺していた。だが、周りの大人はそれでは借金が返ってこないので自殺にしてくれていた。「やっと扉を開けられた」「パワーちゃんを殺すのを手伝って早川君も助けられたかもしれないのに殺してそれで自分の父親も殺してそんな人間が普通の生活なんて望んでいいはずがないよね」とマキマは言う。子供のデンジが「うん」と答える。

ソファに横たわるデンジと朝食を取るマキマの姿が描かれる。

<<前の話 82話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。