チェンソーマン

【チェンソーマン】62話のネタバレ【デンジが死亡!?】

チェンソーマン62話の内容を掲載しています。62話では、ステゴロ最強のクァンシとクァンシにリベンジする吉田の戦いが描かれる。そして、デンジが釘に4回刺されてしまい呪い殺されてしまう展開に!?

チェンソーマン62話のネタバレ

リベンジ

クァンシの膝が岸辺にヒット。岸辺は反撃のナイフを放つが、簡単に止められ窓から放り投げられてしまう。

アルドが魔人に銃を放つと、魔人は炎を吐いて反撃。

アルドが躱して再び銃を撃つが、アルドもクァンシに窓から投げ飛ばされてしまう。

暴力の魔人が人形を片付けながら「そっちは大丈夫かコベニちゃん」と聞くが、コベニは岸辺とアルドが落ちてきたせいで自分の車が破壊されてしまったことにショックを受けていた。

パワーがクァンシの魔人を人質に取り、「デンジを離せ」と言うが、クァンシが「お嬢さんその子を放してくれないか」「でなければ戦う事になってしまう」と言う。そこにビームが現れ、デンジを押さえつけている魔人を頭突きで攻撃しデンジを解放する。

デンジは「アイツバケモンだ」「逃げっぞビーム」と言って逃げようとする。そこに吉田が現れ、「リベンジいいか?」と言う。

クァンシと吉田の目にも留まらぬ速さのやり合いが続く中、吉田の蹴りがクァンシの顔面にクリーンヒットする。

吉田は「まともに受けたら死ぬな」「人間の力じゃないだろ、キミィ」と言う。

デンジ死亡!?

逃げるデンジとビーム。デンジは「チェンソーになっといた方がいいかなぁ〜!?」と聞くが、ビームは「チェンソー様、血、節約」と返す。転がってる人形の手につまずき転んでしまうビーム。デンジは「おい、ドジっ子」と言うがデンジは釘を踏んでしまっていた。

これはトーリカが仕掛けた呪いの悪魔の釘だった。4回釘を刺されたことで呪いの悪魔の能力が発動し、デンジは宙に浮いていく。そして、呪いの悪魔に呪い殺されてしまうのであった。

<<前の話 62話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。