チェンソーマン

【チェンソーマン】61話のネタバレ【岸辺の衝撃的計画が明かされる!?】

チェンソーマン61話のネタバレを掲載しています。61話では、クァンシと吉田の戦いが描かれる。そして、岸辺とクァンシのやり取りの中で、岸辺の衝撃的計画が明らかになる!?チェンソーマン61話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン61話のネタバレ

クァンシVS吉田

クァンシ魔人たちはクァンシに追いつこうとするが、そこに岸辺が現れる。

岸辺はコベニ暴力の魔人にデパートの人形を片付けに行かせる。クァンシの魔人の一人は「見えた」と言うと、岸辺が契約している悪魔が「爪、ナイフ、針」と言う。が、「随分物騒なのと仲良しね」「でもこの日本人雑魚だ」「こいつの体に契約で払えるような物はほとんど残ってない」「4人で食べちゃいましょ」と言う。

クァンシの刀はボロボロになっていたが、一瞬でデンジを蹴り上げ玉置と日下部も蹴られて気絶させられる。

吉田も狙われるが手で蹴りを防ぎ、「蛸、墨」と言い蛸墨で視界を奪っていく。

が、吉田の顎を蹴りナイフを奪い吉田にナイフを突きつけていく。

岸辺とクァンシ

クァンシの前に魔人を人質に取った岸辺が現れる。

岸辺はデンジとパワーに人質を任せ、クァンシとテーブルに着く。

クァンシが「残りの魔人二人はどうした」と聞くと、岸辺は「逃げられた」「ここら一帯公安と警察で囲むからすぐに捕まるぞ」と答える。岸辺は「下にいる人形達を公安で一掃したらお前を連行する」「それまで何もするなよ」と言うと、クァンシは「狂犬岸辺が随分と小賢しくなったな」「首輪を付けられて本当に犬になったのか」と返す。岸辺は「こっちは50過ぎてんだぞ、大人しくなるさ」と言うと、「会話はマキマに聞かれている」と書かれたメモを見せる。

その後も他愛ない会話を続けながら「言う通りにすれば逃がす」「安全は保障する」「マキマを殺す協力するなら全てを教える」とメモをクァンシに見せていく。

メモを見たクァンシは、「ニュース」「朝のニュースに出ているレポーターにタイプの子がいて毎日そのニュース番組を見てたんだ」「その子が出てる雑誌とかも買ったりしてた」「ある日その子の年齢詐称が発覚してそこから芋づる式に昔の彼氏や悪行がテレビで流されるようになった」「その子はそれでも朝のニュース番組に出続けたんだけど私はその番組を見なくなった」「その子が変わったんじゃなくて変わったのは私の脳みそ」「この世でハッピーに生きるコツは無知で馬鹿のまま生きる事」「岸辺てめえは大人しく首輪つけときな、元バディからのアドバイス」と返す。そこに銃を持ったアルドが現れ、デンジを狙う。

岸辺が蹴り飛ばしてデンジを守るが、その隙にデンジが人質に取っていた魔人がデンジを押さえつけ「クァンシ」と叫ぶ。そして、クァンシが岸辺に攻撃を放っていく。

<<前の話 61話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。