チェンソーマン

【チェンソーマン】52話のネタバレ【レゼが死亡】

チェンソーマン52話のネタバレを掲載しています。52話では、デンジとの約束を守りカフェ二道に向かうレゼの前にマキマが現れる。そして、レゼが死亡する展開に!?チェンソーマン52話の内容を知りたい方はご参考ください。

チェンソーマン52話のネタバレ

マキマの魔の手

岸辺早川アキに「ソ連の母親が子供を叱る時にするおとぎ話がある」「軍の弾薬庫には秘密の部屋があってその部屋は親のいない子供達でぎゅうぎゅうにあふれている」「そこにいる子供たちに自由はなく外にも出られない」「物のように扱われ死ぬまで体を実験に使われる」「ただのおとぎ話のハズだったがその部屋の秘密は本当にあったと新聞に載ったんだ」「アメリカのジャーナリストが突き止めて一時期話題になったよ」「そこにいた子供の写真も当時公開されていたがすぐに聞かなくなった」「デンジが引っ掛かったのはその部屋の一人だ」「ソ連が国家に尽くす為作った戦士モルモットと呼ばれる連中だ」と言う。

レゼは山形行きの新幹線に乗ろうとしていた。が、新幹線に乗ることはなくホームに踏み止まった。

そして、デンジとの約束通りカフェ二道に向かって行く。が、そこに大量のネズミが集まりその中からマキマが姿を現す。

レゼ死亡

マキマは「友達が田舎の方に畑を持っていてね毎年秋頃に少し仕事を手伝いに行くんだ」「畑の土の中には作物を荒らすネズミ達が潜んでいて雪で土が隠れる前に駆除しておかなくちゃいけない」「だから土を掘って中のネズミを犬に噛み殺して貰うんだけど」「どうしてだろうね」「それを見ているととても安心するの」「だから田舎のネズミが好き」と言いながら槍のような武器でレゼの右腕を切断していく。

レゼはマキマの後ろに回り込んで攻撃を仕掛けようとするが、屋上から天使の悪魔の武器で胸を貫かれてしまう。

レゼは力を振り絞って首のピンを抜こうとするが、マキマに優しく阻止される。

レゼは「なんで初めて出会った時に殺さなかったんだろう」「デンジ君ホントはね私も学校いった事なかったの」と考えながら死んでしまった。

マキマは「アキ君と一緒に来てっていったのにアキ君に女の子を殺させたくなかったんだ、優しいね」と言うと、天使の悪魔は「まあ天使ですから」と返す。

デンジは二道で花束を抱えながらレゼを待っていた。

マスターが「デンジ君もう店閉めるよ?」「あの娘は可愛すぎた」「住む世界が違ったんだ」「いつかデンジ君にはピッタリな女の子が現れるよ」と言うと、扉が開きパワーがやって来る。

レゼだと思ったデンジはがっかりするが、パワーは花束を見て「なあんじゃその花!?」「ワシに似合いそうじゃのお」「差し出せ」と言う。デンジはその花を食べるとパワーは「ワシのじゃ盗人」と言うのであった。

<<前の話 52話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。