チェンソーマン

【チェンソーマン】46話のネタバレ【野茂&副隊長が死亡】

チェンソーマン46話のネタバレを掲載しています。46話では、レゼと対魔2課の戦いが描かれます。そして、レゼの圧倒的な力を前に野茂と副隊長が死亡!?チェンソーマン46話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン46話のネタバレ

レゼVS対魔2課

対魔2課の加藤と田辺が登場。

加藤と田辺が手の甲を噛んでレゼを指差すと、レゼの口と鼻から血が流れる。

加藤と田辺の契約している悪魔でレゼの心臓と腸にカビを生やしたのであった。このカビは血を飲んで再生しても消えることはない。レゼは顔面を爆発させて吹き飛ばす。野茂が「脳にカビをつけられるか?」と聞くが、「生きてるモノにしか無理ですよ」と言われる。レゼは吹き飛ばした顔を掴んで投げ飛ばす。

投げ飛ばした顔のほうがボムに変身していく。

そして、体部分は野茂に向かっていく。野茂は狐の悪魔で迎撃しようとするが、攻撃を躱されて抱きつかれ爆発していく。

野茂&副隊長死亡

ボムとなったレゼは対魔2課を制圧していっていた。安藤マサキという2課の人間がレゼに発砲の許可を取るが、その間にレゼの爆発で殺されてしまう。そんなレゼの背後から野茂の狐の悪魔の腕が襲う。

野茂は右腕が吹き飛ばされていたがなんとか生き残っていた。レゼが野茂に止めを刺そうとすると、今度は背後から狐の悪魔の頭が襲う。

2課の副隊長が駆けつけていた。

が、レゼを口にした狐の悪魔は「この味もう嫌い、帰る」と消えてしまう。野茂と副隊長は再度レゼと対峙することになってしまう。

負傷するデンジビーム、それと天使の悪魔を車に乗せてレゼから逃げようとする早川アキ。が、「畜生」「勝手にヤな未来見せやがったな」と言う。そこには野茂と副隊長の首を持ったレゼの姿があった。

<<前の話 46話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。