チェンソーマン

【チェンソーマン】41話のネタバレ【天使の悪魔の能力の秘密が明らかに】

チェンソーマン41話のネタバレを掲載しています。41話では、天使の悪魔の能力の秘密が明らかになる。そして、デンジを狙う新たな資格が現れる!?チェンソーマン41話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン41話のネタバレ

アキと天使の悪魔

早川アキ天使の悪魔とパトロールに出ていた。

天使の悪魔はまったくやる気がなく、「今日はもう働きたくないんだけど」と言い出す。アキは近いうちにある銃の悪魔討伐の遠征に参加するためによりデカい悪魔を倒したという実績を欲していたので、バディの天使の悪魔にも悪魔を探す協力を仰ぐ。やる気のない天使の悪魔を「お前が使えない事を上に報告すれば悪魔として殺されるぞ」「それでもいいのか?」とアキが脅すが、天使の悪魔は「働くくらいなら死んだほうがマシかな」と答える。

アキはマキマとの会話を思い出していた。マキマいわく4課岸辺の次に強いのは天使の悪魔らしい。「銃の悪魔討伐遠征に参加したいなら彼をうまく使えるようにすればいいよ」と言うが、アキは「悪魔とうまくやっていける気がしません」と返す。マキマは「別に仲良くならなくてもいいんだよ」「利益になるように使えさえすればいい」と言う。

マキマいわく天使の悪魔は、自分が産まれた場所の村人を全員寿命を吸い取って武器に変えてしまっている。天使の悪魔は触れた人の命を武器に変換する力があり、アキが持っている刀も天使の悪魔が作った武器で、触れられないはずの幽霊を切れたりと特殊な力が備えられている。「フリでもいいから仲良くしなよ」「きっとアキ君の力になるよ」とマキマは加える。

アキは悪魔を処理していた。

悪魔の中から食べられてしまった民間のデビルハンターが出てくるが、下半身がもうなくいずれ死んでしまう状態にあった。死にかけの民間のデビルハンターは止めを刺してくれとアキたちにお願いすると、アキは「お前の力なら楽に殺せるだろ」と天使の悪魔に任せようとするが、「やだよ」「僕は天使である前に悪魔だよ?」「人間は苦しんで死ぬべきだと思ってる」と断る。アキが止めを刺し、「フリでもお前とは仲良くなれないな」と言い放つ。

デンジを狙う新たな刺客

デンジは再びレゼが働く二道に来ていた。

デンジは二道に一週間も通い続けていた。空いてる席で勉強をしているレゼは「こっちの机で食べないですかお客様〜」とデンジを誘う。デンジが「い〜よ勉強中だろ?」と言うと、レゼがデンジの横に移動していく。デンジが「漢字は読めるようになりたいかな」と言うと、レゼは金玉と書いて「これはなんと読むでしょう?」と問題を出していく。

唯一金玉だけ読めるデンジを笑うレゼ。デンジは「レゼとなら学校行きたかったかな」と言うと、レゼは「行っちゃいますか?夜」とデンジを誘う。

デンジは「心はマキマさんのモンなのに体が言う事を聞かねえ」とレゼの誘いに乗ってしまう。

モヒカン男台風の悪魔に「お前等悪魔共はなんでチェンソーの心臓を欲しがっているんだ?」と聞くが、台風の悪魔は理由を教えてはくれなかった。

モヒカン男はチェンソーの心臓を手に入れたら一生力を使わせてもらえる契約を台風の悪魔と交わしていた。モヒカン男は仕事で中国の血も涙もない冷酷なデビルハンターを殺したことがあり、そのデビルハンターの妻と娘を人質に取り、剥いだ皮を見せることで大人しく殺されたと語る。

<<前の話 41話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。