チェンソーマン

【チェンソーマン】36話のネタバレ【デンジVSサムライソード】

チェンソーマン36話のネタバレを掲載しています。36話では、デンジとサムライソードが会敵。2人とも悪魔の姿になりど迫力のバトルに突入していきます。チェンソーマン36話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン36話のネタバレ

パワーとゾンビ

エレベーターでサムライソードの元に向かうパワーデンジ

ゾンビの腕を食らうパワーを見て気持ち悪がるデンジ。「肉は肉じゃろ」「豚も牛も人も同じじゃ」とパワーは言うが、デンジは「全然違うね」と返す。7Fに着くとエレベーターの扉が開き、フロアはゾンビで埋め尽くされていた。

が、ゾンビたちはまだこちらに気づいていなかったので、バレずにやり過ごそうとするが、そんなことお構いなしにパワーが高らかに名乗りを上げていく。

「デンジ、ワシについてこい」とゾンビに襲いかかっていくが、デンジは一人エレベーターに残り扉を閉めてパワーを置き去りにしていく。

パワーはデンジがいないことに気づかず、一人でゾンビ軍団相手に無双していた。

サムライソードと会敵

パワーを置き去りに一人エレベーターに乗るデンジ。扉が開くとそこにはサムライソードがいた。

サムライソードは「お前の態度次第じゃ俺達は投降するつもりだ」「俺達はただ怒りを収めたいだけなんだ」とデンジに話し合いを持ちかける。サムライソードはデンジに仲間と祖父を殺された償いをしてほしいと考えていた。

デンジは「テメエのお仲間も爺ちゃんもゾンビなってたから殺したんだぜ」と返すが、サムライソードは「嘘つくんじゃねえ」と話を信じようとしなかった。続けて「ゾンビも元は人間、そいつらを殺してお前は心が痛まないのか?」と聞くと、デンジは「全ッ然」と返す。

それを聞いたサムライソードは「俺も沢渡にいろいろされてなあ」「心臓が刀の悪魔になっちまってるみてえだがそんな俺でもなあ」「うっかりゾンビを殺しちまった夜には眠れなくなるぜ」「お前に限っては心がもう人じゃねえんだよ」と言う。

「少しでも人の良心が残ってるなら俺達に大人しく殺されねえか?」と加えるが、当然ながらデンジが拒否するとサムライソードは左手を抜き刀の悪魔に変身していき、デンジもチェンソーの紐を引いていく。

デンジとサムライソードの戦いが始まる。

チェンソーマン36話の感想

相変わらずデンジとパワーのやり取りは良い感じにバカで見ていて面白いですねwこれもチェンソーマンの大きな魅力だと思います。デンジとサムライソードの戦いに突入しましたが、バトルシーンがまじでかっこいいですね。ラストシーンはまじで痺れました。

<<前の話 36話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。