チェンソーマン

【チェンソーマン】33話のネタバレ【マキマがやっぱり怖すぎるww】

チェンソーマン33話のネタバレを掲載しています。33話では、マキマのさらなる恐ろしさが明らかに!?そして、特異課のサムライソードと沢渡への逆襲が始まる!?チェンソーマン33話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン33話のネタバレ

アキと黒瀬

黒瀬天童はもう京都に帰るところだった。黒瀬は早川アキに「銃の悪魔を本気で殺せると思ってます?」と聞く。アキは今回特異課を20人ほど殺した相手に負けており、銃の悪魔は世界中の人間を数百万人殺している。そんな相手にアキが到底勝てるわけがないと黒瀬は考えていた。そして、そんなアキの姿を見て「弱いくせに漫画の主人公のような目標を掲げていて見ていてムカつく」とも言う。

そんな黒瀬にアキは「アンタは黙って見てればいい」「俺が負けて死んだその時に笑いに来てください」と返す。そして、「今自分が自分を見えなくなっているのはわかっています」「でもじゃなきゃやっていけないのもわかってるんです」と言う。

アキの言葉を聞いた黒瀬は、コーラの缶を投げ渡しながら「キミん事ムカつくけど応援しとるわ」「最後にこの言葉を贈る」「特異課にまともな奴がいないから気をつけろ」と言い放つ。

マキマの脅し

マキマはサムライソードが所属しているヤクザの別荘に来ていた。

黒幕は沢渡という女で、組の若い人間が騙されて銃の悪魔と契約しているらしい。契約内容は銃の悪魔に2万円払う代わりに契約者は銃と弾がもらえるというもの。

マキマは組にいる銃の悪魔と契約している人間の名前をすべて書くよう頼むと組長は承諾するが、「他の組の方のもお願いします」と言われると「そんな事知ってても告げ口バレたら組同士で戦争がおこっちゃうよ」と断っていく。

そんな組長にマキマは「国民の安全の為です」と言うが、組長は「俺達が身内同士で潰し合ったら外国マフィアに入ってくる」「デビルハンターが悪魔から人間を守ってるように俺達ヤクザも外国人から日本人を守ってるんだよ」とマキマの要求を断っていく。

そんな組長にマキマは紙袋を突き出していく。この中に入っていたのは、ここにいる人間の父や母、おばあちゃん、おじいちゃん、兄弟、姉妹、恋人、奥さんの目だった。

公安には目を元通りにできる人間がいて、「協力していただけるのならその人を紹介しまう」と脅していく。ヤクザの一人がマキマに殴りかかろうとするが、マキマが睨みつけるとその男は大量の血を流していた。

「貴方の言う必要悪というものは悪事を行う自分を正当化する言い訳です」「必要な悪というのは常に国家が首輪をつけて支配しているものです」とマキマは言う。

サムライソードと沢渡がいるビルに公安が駆けつけていた。サムライソードと沢渡はできるだけ公安の人間を殺してデンジの心臓を奪い、ヘビを使ってなんとか逃げるつもりだった。

公安の作戦が始まる。先生は「作戦はない」「特異課全員をビルにぶち込む」と言う。

チェンソーマン33話の感想

やっぱりマキマさん恐ろしすぎますねww話が進むにつれてマキマさんの怖さが増していくチェンソーマン。マキマさんの正体はいったい何なのでしょうか!?

<<前の話 33話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。