チェンソーマン

【チェンソーマン】30話のネタバレ【デンジとパワーの先生の強さが圧倒的すぎる】

チェンソーマン30話のネタバレを掲載しています。30話では、デンジとパワーの指導役の先生の圧倒的強さが明らかに。そして、アキがさらに強力な悪魔と契約していく展開に!?チェンソーマン30話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン30話のネタバレ

最強のデビルハンター

一人でデンジパワーをのしていく先生。デンジやパワーは基本的に体の構造は人間と同じだが、血を飲めば復活するという特性を持つ。

マキマに頼まれ先生はデンジとパワーを指導してくれるようだが、先生の考えは「お前達が俺を倒せるようになるまで俺はお前達を狩り続ける」というもの。最強のデビルハンターを自負する先生は、「最強の俺を倒せる悪魔は最強なワケだから」という発想の元、デンジとパワーに勝負を挑む。

パワーは血で生成した金槌をデンジに渡し、先生を迎え撃とうとするが、先生は一瞬の隙を突いてデンジをナイフで刺しまくる。

そして、パワーの首をナイフであっさり斬っていく。

不死身のデンジと半分不死身のパワーを見て、「俺はガキの頃から力が強くておもちゃをすぐに壊しちまう」「だから壊れないおもちゃが欲しかったんだ」と言い、「俺がお前達を最高にイカした奴らにしてやるよ」と言う。

アキの指導

入院していた早川アキ狐の悪魔を呼ぼうとしたが、狐の悪魔が姿を見せることはなかった。京都公安の黒瀬いわく、狐を無茶に使ったので狐に嫌われてしまったようで、アキは二度と狐を使うことはできないらしい。

黒瀬と天童は特異課の人間組のキャリア相談のために来ていた。「続けるなら続けるでそれなりの覚悟をキミにはしてもらう」と黒瀬は言う。やめないのであればもっと強力な悪魔と契約して特異課に貢献しなければならないということである。「公安やめて残りの人生楽しむか」「公安続けて地獄見るか」と天童は言う。

それを聞いたアキは、「家族を殺した奴もバディを殺した奴もまだ生きてる」「なのになんでやめれるんですか?」と返す。それを聞いた黒瀬は「今日は遅いんで帰ります」と部屋を後にする。「もうちょっと自分を客観的に見たほうがいいですよ」という言葉を残して。

そんなアキの元に一人の女性がやって来る。

先生とデンジ&パワーの死闘はひと段落つき、先生は「寝るから帰る」と去っていた。先生の力は圧倒的で、デンジは先生に20回以上殺されていた。

パワーは突如「わかった」と先生を倒す方法を思いつく。「アイツは超強いが、じゃが酒で頭がダメになっておる」「ワシらは頭を使って戦えばいいんじゃ」と言う。それを聞いて「俺も最近めちゃくちゃ憧れてたぜ」「漫画とかの頭いいキャラみてえに戦えたらいいな〜ってよ」とパワーに話に乗っていくのであった。

チェンソーマン30話の感想

先生のイカれ具合もやばいですが、デンジとパワーもイカれ具合も相変わらずですねwデンジ&パワーとアキの空気感の違いが半端ない回でしたwそれにしてもデンジとパワーの最後の会話の頭悪さ加減半端ないっすww

<<前の話 30話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。