チェンソーマン

【チェンソーマン】26話のネタバレ【銃で撃たれたはずのマキマが生存していた!?】

チェンソーマン26話のネタバレを掲載しています。26話では、デンジと刀の悪魔の男との戦いが描かれる。そして、銃で撃たれたはずのマキマが平然と生存していて!?チェンソーマン26話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン26話のネタバレ

デンジ敗北

沢渡が応援を要請する。

刀の悪魔の男と戦うデンジ

沢渡の部下が駆けつけ、デンジを銃で狙っていく。

デンジは逆に刀の悪魔の男の仲間を人質に取っていく。

刀の悪魔の男が構えると、アキに放ったのと同じ超高速の居合斬りで人質ごとデンジを斬り裂いていく。

刀の悪魔の男に敗北したデンジはそのまま連れ去れてしまう。

生きていたマキマ

沢渡の部下によって襲撃された特異4課の面々。

が、マキマは銃を浴びたにも関わらず生きていた。

京都駅でマキマを待つ京都の公安にも特異課が銃で襲撃された知らせが入る。

そんな2人の前に「新幹線内で銃撃にあった」と言いながらマキマが姿を現した。血だらけのマキマを見て、京都公安の黒瀬天童は「どこか撃たれましたか!?」と心配するが、マキマは「これは返り血」「私は撃たれなかった」と返す。マキマを襲撃した男たちは、新幹線内で死んでいた。

チェンソーマン26話の感想

今回はマキマの謎が深まった回ですね。まずなぜマキマが銃に撃たれにも関わらずぴんぴんしているのか。そして、「銃に撃たれなかった」と言っているあたり、なにかを隠しているということになります。マキマの謎は今後も描かれていきそうなので注目ですね。

<<前の話 26話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。