チェンソーマン

【チェンソーマン】12話のネタバレ【デンジの新たな目的】

チェンソーマン12話のネタバレを掲載しています。12話では、デンジがついに念願だった胸を揉むことに成功。しかし、それはデンジが求めていたものではなかった!?絶望に暮れるデンジに、マキマにとある依頼をされることになるのだが!?チェンソーマン12話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン12話のネタバレ

デンジ胸を揉む

パワーはニャーコを助けたのが一揉み、コウモリの悪魔を殺したので二揉み、そして早川アキから庇ってくれたことで胸を三揉みしてもいいことをデンジに伝える。まず一揉みするが、胸パッドが入っていたことが明らかになる。

胸パッドがなくなったことで一気に胸が寂しくなる。

残り二揉みとなり、デンジはパワーの胸を二揉みする。

これにてデンジの念願だった「胸を揉む」が叶ったが、デンジは「こんなモン?」と思ってしまっていた。

パワー的にはこれで貸し借りなしとなり、ニャーコを助けたのでデビルハンターをやる理由もなくなったが、マキマからは逃げることができないため仕事は続けていくことにすると言う。パワーが去った後、再び「こんなモン?」とデンジは感じるのであった。

デンジの新たな目的

デンジはマキマの仕事部屋で、コウモリの悪魔との戦いで発生した建設物損壊の始末書や悪魔の死体利用の確認など様々な書類にハンコを押していた。

デンジのボッーとした様子に「何か悩みでもあるの?」とマキマが聞くと、デンジは「俺はずっと追いかけていたモンをやっと掴んだんです」「でもいざ掴んでみるとそんなモンは俺が思っていたより大した事なくて」「もしかしたらこれから俺がまた何か違うモンを追いかけて掴んだ時もっ追いかけてた頃のほうが幸せだったって思うんじゃねえのかって」「そんなの糞じゃあないですか」と言う。

急な話に「デンジ君はなんの話をしているの?」とマキマが聞くと、「初めて胸を揉んでみたら大した事なかったって話です」とデンジが言う。それを聞いたマキマは、「エッチな事はね相手の事を理解すればするほど気持ち良くなると私は思うんだ」と言いながら、デンジに自分の耳の形や指を噛む力を覚えさせる。

デンジが「覚えました」と言うと、マキマはデンジに自分の胸を揉ませる。

あまりの出来事に椅子から転げ落ちるデンジ。そんなデンジにマキマは「銃の悪魔を倒してほしいの」とお願いをする。銃の悪魔は13年前に米国に出現して今もどこにいるかわからないすべてのデビルハンターが殺したがっている非常に強い悪魔で、マキマはデンジは他のどのデビルハンターよりも特別なので、デンジなら倒せると思っていた。そして、「デンジ君が銃の悪魔を殺せたら私がキミの願い事なんでも一つ叶えてあげる」と言う。

チェンソーマン12話の感想

ついにチェンソーマンにも銃の悪魔という巨悪が登場しましたね。これでデンジの目的が銃の悪魔を倒すことになりそうです。そして、銃の悪魔を倒せばマキマさんが何でも願いを一つ叶えてくれるという。それってマキマさん、そういうことですか!!?

<<前の話 12話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。