チェンソーマン

【チェンソーマン】104話のネタバレ【デンジがチェンソーマンの正体を明かすwww】

チェンソーマン104話の要約と注目ポイントをまとめています。104話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、チェンソーマンの内容を振り返りたい方はご活用ください。

チェンソーマン104話のネタバレ

チェンソーマンに助けられたことでヨルが悔しがる。

ヨルはかつてチェンソーマンに負けており、体を食われ弱体化したことを明かす。そのせいで世界大戦後戦争が一度も起こらなくなり、戦争は映画やゲームの世界の出来事になり、戦争の恐怖は忘れられさらに弱くなった。

デンジは女子の椅子になっていた。

吉田がデンジを呼び出す。

デンジは10円で10分椅子になっていた。吉田はゴキブリの悪魔と戦った時に落としていた生徒手帳をデンジに渡す。わざと手帳を落としてバレようとするデンジの考えを見抜き、吉田は力づくでもデンジの正体がチェンソーマンだとバレさせないようにすると考えていた。

吉田は一万円でデンジを椅子にした。

吉田は「彼女が欲しいからバレたい」というデンジの考えを見抜き、吉田は「彼女ができる様協力させてくれ」と伝える。デンジが「今すぐ彼氏が欲しい子」とタイプを伝えると、吉田は心当たりを思い出しアサを屋上に誘った。

アサが「チェンソーマンに助けられた」と聞いた吉田は「チェンソーマンの大ファンだからキミと話がしたいみたい」とデンジを紹介した。アサはチェンソーマンが嫌いな理由を語る。

デンジがチェンソーマンを擁護するがアサに「な〜んでそんな事アンタにわかるワケ!?」と言われ、ついに自分がチェンソーマンであることを明かす。

が、アサは「ダサっ」と言い去ってしまい、吉田が「あれじゃ誰も信じないよ」と告げる。

<<前の話 104話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。