チェンソーマン

【チェンソーマン】チェンソーの悪魔【悪魔に最も恐れられる悪魔】

チェンソーマンの登場キャラクターであるチェンソーの悪魔。チェンソーの悪魔は「悪魔に最も恐れられる悪魔」と言われている悪魔です。今回、チェンソーの悪魔について作中で明らかになっている情報をまとめているので、どのようなキャラだったか振り返りたい方はご参考ください。

チェンソーの悪魔

デンジが契約を守らなかったことで復活

チェンソーの悪魔であるポチタは、デンジと「私の心臓をやる」「かわりにデンジの夢を私に見せてくれ」という契約を交わしていた。が、デンジがマキマの計画にハメられていたことに気づかされると、自身の夢である「普通の暮らしをする」ことができなくなり、契約違反でチェンソーマンとして復活した。

食べた悪魔の存在をこの世から消してしまう

チェンソーの悪魔は助けを叫ぶと現れ、叫ばれた悪魔はチェンソーで殺され、助けを求めた悪魔もバラバラに殺される。そのため多くの悪魔に目をつけられ殺されているが、何度も何度もエンジンを吹かして復活している。

チェンソーの悪魔は「悪魔から最も恐れられる悪魔」と言われているが、それはチェンソーの悪魔が食べた悪魔はその名前の存在がこの世から消えてしまうためである。チェンソーマンの世界では、すでにナチス、アーノロン症候群、第二次世界大戦、エイズ、租啞、比尾山大噴火、核兵器の名を冠する悪魔がチェンソーの悪魔に食べられており、人々はその存在を忘れてしまっている。

【チェンソーマン】作中登場キャラクター一覧チェンソーマンに登場するキャラクターを一覧形式にまとめてみました。公安の人間や悪魔など、作中に登場する主要なキャラクターはすべてこちらに...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。