チェンソーマン

【チェンソーマン】74話のネタバレ【マキマの正体、新能力が明らかに!?】

チェンソーマン74話のネタバレを掲載しています。74話では、マキマの本性がついに明らかになる。そして、マキマの新たな能力が明らかに!?チェンソーマン74話の内容を知りたい方はご参考ください。

チェンソーマン74話のネタバレ

マキマの元へ

アキは両腕を失い病院にいる天使の悪魔に会いに来ていた。

そして、未来の悪魔に自分とパワーデンジに殺されることを告げると、天使の悪魔に自分が死んだ後の話をする。両腕が失くなった公安デビルハンターは退職勧告を受けるが、悪魔の場合は最悪処分されることになる。そうなった場合はダメ元でも封筒を出すよう伝える。それは早川アキ岸辺の推薦状で、これでキツネや未来の悪魔のように公安と契約することで生き永らえることができるかもしれないからだ。

アキはそれを伝えるとその場を去ろうとするが、アキの優しさに触れ「このままキミが死んだらキミまで夢に出てきそうだ」「だからできるだけ僕もキミが生きる事に協力したい」と言う。そして、アキの死を回避する方法を探るため2人でマキマに会いに行くことにする。

マキマの正体

アキと天使の悪魔はマキマに会いに海に来ていた。

天使の悪魔はアキに「公安をやめて遥か遠くへ逃げればチェンソー君に殺されない」と伝えるが、「ここにはデンジもパワーもマキマさんもいる」とアキは公安を離れる意志はないことを伝える。天使の悪魔に「キミ、マキマの事好きだろ?」言われると、アキは「まあな」と返すが、なぜマキマのことを好きになったのかは思い出せずにいた。

海辺にいたマキマの元にたどり着くアキと天使の悪魔。

マキマは海でなにかを待っていた様子。アキは未来の悪魔と話し自身の死期が近いことをマキマに告げ、「デンジとパワーだけは生きて幸せになってほしい」と伝える。そして、「どんな悪魔とどんな契約でもします」「俺に力を貸してください」と言う。

すると、マキマは「それじゃあ私と契約しようか」「早川君のすべてをくれるなら私が力をあげる」と返す。

マキマの発言に驚きを隠せないアキだったが、「これは命令です」「契約するといいなさい」とマキマは言う。そして、天使の悪魔は昔のことを思い出していた。天使の悪魔が暮らしていた村のこと。

忘れるはずはないのだが、天使の悪魔は昔のことをなぜか忘れてしまっていた。マキマが村にいる天使の悪魔に近づき、「キミの力を私に見せて」と言う。自身の力は死を呼んでしまうので断るが、マキマが「キミの力を私に見せて」「これは命令です」と言うと、天使の悪魔は記憶が飛んでいる様子で気づけば自身の能力で村の人間を殺してしまっていたのであった。

マキマの言葉を聞いたアキは「契約する」と言い、マキマと契約してしまうのであった。

チェンソーマン74話の感想

最近のチェンソーマンは衝撃的展開ばかりでしたが、今回もやばかったですね!!ついに怪しかったマキマの正体が垣間見えました。「私と契約しなさい」と言っていたので、これでマキマが悪魔なのは確定ですね。どんな悪魔なのか、どんな能力なのかはまだ明らかになっていないので非常に気になるところです。

<<前の話 74話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。