チェンソーマン

【チェンソーマン】73話のネタバレ【銃の悪魔の衝撃的事実が明らかに】

チェンソーマン73話のネタバレを掲載しています。73話では、銃の悪魔の真相がついに明らかになります。そして、未来の悪魔が言っていた早川アキの最悪の死に方の真相も明らかに!チェンソーマン73話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン73話のネタバレ

銃の悪魔の真相

闇の悪魔の恐怖ですっかり怯えきっていたパワーだったが、「地獄で闇の悪魔を倒していたかもしれん」と言うくらいには元気を取り戻していた。デンジたちはマキマに呼ばれて公安の本部に向かう。

マキマはアキの銃の悪魔討伐不参加の件は了承していたが、「デンジとパワーは自分の管理下にあるから作戦に参加させる」とアキに伝える。「参加しないのであればここから出て行ってもらう」とマキマは伝えるが、2人が作戦に参加する事実を聞き、アキはやはり参加する意思をマキマに伝える。

作戦に参加することとなった3人に、マキマの口から現在銃の悪魔はすでに倒され拘束されているという衝撃的事実が伝えられる。ソ連軍が初めて視認した銃の悪魔はすでに何者かにやられており意識のない状態で、本体をアメリカが20%、ソ連が28%、中国が11%、その他の国が4%所持しており、残りの37%が肉片として世界中の悪魔が持っている状態だった。

沢渡らが「銃の悪魔との契約で得た」とされた銃は、銃の悪魔との契約で得たものではなく、人間が作ったものだった。どの国も国際法に基づき銃の製造は厳しく取り締まっているが表向きそうしているだけにすぎず、実際はどの国も国が裏で作ったものを流しているのであった。その銃は都合が悪いため売り買いしている人間らは銃の悪魔と契約して手に入れたことにしているだけだった。デンジらはこれから銃の悪魔討伐に向かうわけだが、これは銃の悪魔を倒す任務ではなく、他国が所有する銃の悪魔の体を奪いにいくもので、言うなれば戦争のような戦いになることが予想される。

最悪の未来

銃の悪魔の真相を聞き意気消沈しているアキ。銃の悪魔は永遠に倒すことができず、ずっと誰かに利用されながら生き永らえるだけであり、アキの目的だった銃の悪魔への復讐は果たせなくなってしまったのだ。そんなアキはデンジを見て驚いたような表情を見せる。

夜に一人寝ていたアキは未来の悪魔を呼び、昼に見せた光景について聞く。未来の悪魔いわくそれはもうすぐ来る未来で、絶対に変えることができない未来。「キミとパワーはデンジにグチャグチャに殺される」「その後悪魔に最も恐れられる悪魔が現れるだろう!」という衝撃の事実が告げられる。

チェンソーマン73話の感想

73話はまじで衝撃の連続でしたねwwまず銃の悪魔。まさかもうすでに拘束されていたとは。ラスボス的存在かと思ってましたがどうやらそうでもなさそうですね。そして、銃の悪魔を戦闘不能にした存在が誰なのかも気になるところです。そして、未来の悪魔から前々から伝えられていたアキの最悪の死に方。その真相も明らかになりました。アキとパワーはデンジによって殺されてしまうと。未来の悪魔いわく絶対に変えられない未来とのことでしたが、果たしてその通りになってしまうのでしょうか。今後の展開に注目です。

<<前の話 73話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。