チェンソーマン

【チェンソーマン】63話のネタバレ【トーリカの師匠の正体がやばかった】

チェンソーマン63話のネタバレを掲載しています。チェンソーマン63話では、トーリカの師匠の本当の正体が明らかになります。63話はなかなか衝撃の展開なので、この回はマジで必見です。チェンソーマン63話の内容を知りたい方は是非ご覧ください。

チェンソーマン63話のネタバレ

トーリカの師匠の正体

デンジに4本目のクギを刺したトーリカの前に、師匠の女が姿を現す。

師匠は突如トーリカに「精巧な人形を作るコツを教える」と言い出す。師匠いわく、精巧な人形を作るコツは人形にする人間に人間しか持たない感情を入れること。敬愛・崇拝・哀憐、そして罪悪感。そう言いながらトーリカに触れるとトーリカは師匠に人間に変えられてしまう。

地獄の悪魔と契約

一方、クァンシと戦う吉田はクァンシに窓から外に投げられてしまう。が、間一髪蛸を呼び出し地面との衝突は免れる。

サンタクロースだと思われていた老人は実はトーリカの師匠に操られていた人形に過ぎなかった。つまり、人形を作り操る力があったのは老人ではなく師匠だった。老人は自らの心臓と3人の子供を捧げさせられ、地獄の悪魔と契約させられる。

地獄の悪魔の巨大な手がデパートを襲う。

そして、デパート内にいる者たちは地獄と思わしきところに連れて来られていた。

まとめ

以上、チェンソーマン63話のネタバレでした。チェンソーマン63話では、サンタクロースの正体が実はトーリカの師匠であるという衝撃的な展開が描かれてました。これはまったく予想してなかったので、まじでビビりましたね。デンジたちは地獄に連れて来られましたが、地獄については今までに描かれた伏線があったので今回でその伏線が回収されることになると思います。地獄でどんな展開となっていくのか非常に楽しみなところです。

<<前の話 63話 次の話>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。