チェンソーマン

【チェンソーマン】3話のネタバレ【早川アキ登場】

チェンソーマン3話のネタバレを掲載しています。3話では、デンジの相棒的キャラクター早川アキが登場します。アキとデンジの相性は最悪の様子ですが、いったいどうなっていくのでしょう??チェンソーマン3話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン3話のネタバレ

早川アキ

デンジはマキマに連れられ、デビルハンター東京本部に到着する。

デンジはマキマに「タイプ」と言われたことで「一緒に仕事していくうちにそういう関係になってくんじゃねーか?」と妄想していた。公安のデビルハンターは基本的に制服なので、マキマから制服を渡され、デンジは制服に着替える。デンジは3年先輩のデビルハンター早川アキを紹介され、アキと一緒に仕事に行くことを命じられる。

マキマと一緒に仕事ができず嫌がるデンジだったが、アキに連れられ見回りに向かう。

デンジとアキ

デンジはアキに「マキマさんって男いんの?」と聞くと、アキは路地裏にデンジを連れて行き突如顔面を殴りつける。

アキはデンジをボコり、「お前仕事やめろ」と言い放つ。「軽い気持ちで仕事するヤツは死ぬ」「生きてるヤツはみんな根っこに信念があるヤツだけだ」と言い、マキマ目当てでデビルハンターになったデンジに退職を勧め去って行こうとする。が、背後からデンジが金蹴りを仕掛けてくる。

唐突の金蹴りに悶絶するアキ。デンジは生まれて初めて人並みの扱いを受け、夢見たいな生活を送ることができた。デビルハンターになったのは軽い気持ちではあるものの、「この生活を続けるためであれば死んでもいい」という覚悟を持っていた。

なんとか立ち上がったアキは再びデンジをボコりにかかるが、再度デンジの金蹴りを食らう。アキは我慢しようとしたが、金蹴りのあまりの痛みに耐えられず倒れてしまい、デンジはアキを抱えて本部に戻っていく。マキマに「仲良くできそう?」と聞かれるが、どう考えても仲良くできる様子ではなかった。

デンジはマキマの命令でアキの部隊に入ることになった。アキはデンジが加入することを嫌がったが、マキマは他では見ないような実験的な体制で部隊を動かしており、悪魔に変身できる特別な存在のデンジをアキの部隊に加入させたのであった。ただ、公安を辞職したり違反行動があった場合、デンジは悪魔として処分されることも伝えられる。

デンジはアキにマキマが悪い人かを聞く。「そう思うならマキマさんは諦めろ」「お前悪魔なら殺されないだけ感謝しろよ」と言う。デンジが「じゃあいい人なのか?」と聞くと、アキは「いい人に決まってる」「俺の命の恩人だ」と返す。デンジはマキマに抱きしめられたことを思い出しながら、「マキマさんもう一回抱きてえなあ」と言う。

チェンソーマン3話の感想

デンジの相棒的存在が登場しましたね。早川アキ、イケメンキャラで女性人気高そうなキャラクターですね。デンジとアキ相性はかなり悪そうですが、これからどんな絡みをしていくのでしょうか??これからのデンジとアキの行方に注目です。

<<前の話 3話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。