チェンソーマン

【チェンソーマン】2話のネタバレ【VS筋肉の悪魔】

チェンソーマン2話のネタバレを掲載しています。2話では、デンジが公安のデビルハンターとなって最初の任務を命じられる。デンジとマキマの絡みも必見です。チェンソーマン2話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン2話のネタバレ

デンジの初任務

公安のデビルハンターとして迎えられたデンジはマキマらと共に車に乗っていた。

デンジが腹を空かせていた様子だったので、パーキングエリアで腹ごしらえをすることにする。「半裸じゃ目立つから」と上着を渡されたデンジは、初めてツラの良い女に優しくされたことで一瞬にしてマキマを好きになってしまう。

パーキングエリアに着いたデンジはうどんとフランクフルトを注文しようとするが、そこに血だらけの男が駆け込んでくる。この男の娘が悪魔にさらわれてしまったのだった。この男の話を聞いたマキマは、「うどんが伸びちゃうから」とデンジを娘救出に向かわせようとする。乗り気じゃないデンジだったが、「使えない公安の犬は安楽死させられるんだって」と脅しをかけ、デンジを娘救出に向かわせる。

VS筋肉の悪魔

人を犬みたいな扱いをするマキマにやや苛立ちながらもデンジは娘の捜索に向かう。そこには悪魔と遊んでいる女の子の姿があった。

この女の子は父親に殴られていたところをこの悪魔に助けられており、「この悪魔さんを許してあげて」と悪魔を庇い出す。悪魔を見てポチタを思い出したデンジは、「みんなで逃げちゃわねえ?」と提案する。デンジの提案を聞いた女の子はデンジの手を握るが、デンジは悪魔に捕らえられてしまう。

この悪魔は筋肉の悪魔で、触れてる筋肉は自由自在に操ることができ、女の子も筋肉の悪魔に操られているだけだった。身動きが取れなくなってしまったデンジだったが、口でチェンソーの紐を引っ張りチェンソーの悪魔に変身し、一瞬にして筋肉の悪魔を葬っていく。

筋肉の悪魔を倒したデンジは女の子を背負いながらマキマの元に戻る。戦いでふらふらになったデンジはマキマの胸に倒れ込んでしまう。

マキマがどうやってチェンソーの悪魔に変身できるようになったか聞くと、デンジは「飼ってた悪魔が俺の心臓になったんす」と返す。普通信じられないような話だが、マキマはデンジの言うことを信じ、「特別に鼻が利くから体から人と悪魔二つの匂いがする」と言う。

マキマの言葉を聞いてポチタがまだ自分の中で生きていることに喜んだ様子を見せながら、お腹が空いていることを思い出す。マキマに「一人で食べれる?」と聞かれると、「食べれません」と答え、マキマにうどんを食べさせてもらう。

デンジはマキマに好きな男のタイプを聞くと、マキマは「デンジ君みたいな人」と答える。

チェンソーマンネタバレ2話の感想

チェンソーマン2話はデンジとマキマの絡みが最高でしたね!!いや、マキマさんの魔性の女っぷりは半端ないですwwあんな女の人が実際にいたらどんな男も骨抜きになること間違いなしwwぜひあんな女の人の犬になりたいものですww

<<前の話 2話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。