チェンソーマン

【チェンソーマン】70話のネタバレ【クァンシ死亡!?】

チェンソーマン70話のネタバレを掲載しています。70話では、クァンシが連れている魔人が宇宙の魔人だと判明し、衝撃的な能力だということが明らかになりました。そして、まさかのクァンシが死んでしまう展開に!?チェンソーマン70話の内容を知りたい方はご覧ください。

チェンソーマン70話のネタバレ

宇宙の魔人

炎を伴ったデンジの攻撃でサンタクロースを倒すことに成功する。

しかし、サンタクロースは人形の悪魔と契約しており、人形が世界中にいる。触れて人形にすれば誰しもがサンタクロースと呼ばれる殺し屋になり、闇の力で進化をし続け何度でもデンジを殺しに行くと言う。そんなサンタクロースに対し、「来んなら平日にしてくれよな〜」と軽いノリで返すデンジ。そんなデンジの背後からクァンシが現れ首を搔き切る。

クァンシはコスモという連れの魔人に「こいつに本気のハロウィンを食らわせてやれ」と命令する。すると、コスモとサンタクロースは図書館のようなコスモの脳内空間にいた。

サンタクロースは「私の脳は世界中にいる人形達と繋がっているので精神攻撃を仕掛けようとしても無駄」と言う。コスモの正体は宇宙の魔人だった。コスモはこれからサンタクロースに森羅万象を知らせようとする。サンタクロースは闇の力ですべてを理解している気になっていたが、コスモからするとそれはこの図書館の本の1ページ目にも満たないらしい。コスモはサンタクロースの脳にこの図書館の本の内容を流し込んでいく。そして、すべてを理解した者はハロウィンのことしか考えられなくなってしまうのであった。

クァンシ死亡

コスモの能力でサンタクロースはハロウィンのことしか考えられないまま燃えていった。そこに岸辺隊長と吉田が現れ、おもむろに目隠しで目を隠していく。そこに刀を持ったマキマが現れる。

マキマを見たクァンシはすぐさま刀を捨て降参。「私の女達は殺すな」と言うが、クァンシたちはすでにマキマによって首を斬り落とされてしまっていた。

世界中では「ハロウィン」としか話せなくなった人間達が現れていた。マキマがクァンシを殺し終えると、吉田は目隠しを外すが岸辺は目隠しを取ることができなかった。

チェンソーマン70話の感想

チェンソーマンはマジで毎度衝撃的展開ですが、70話も衝撃すぎる展開でしたねw宇宙の魔人の能力もぶっ飛んでましたが、マキマさんも相変わらずぶっ飛んでますwwあのクァンシを一瞬にして殺してしまいましたが、マキマさんの能力はいったい何なのか。手もしれっと復活してましたが、これも能力のおかげなんですかね??マキマさんの正体が気になって仕方がありません!!

<<前の話 70話 次の話>>

【チェンソーマン】全話・全巻のネタバレ一覧チェンソーマンのネタバレ記事をまとめたページです。チェンソーマンの今までの話を振り返りたい方はご活用ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。