ブラッククローバー

【ブラッククローバー】338話のネタバレ【一花の正体がヤミの妹と判明!!!!!】

ブラッククローバー338話の要約と注目ポイントをまとめています。338話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ブラッククローバーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ブラッククローバー338話のネタバレ

龍頭は自身が魔法帝と同じようなものだと明かす。

アスタの失礼な態度に一花がブチギレる。

龍頭はアスタに観光を勧め、ともに日ノ国に繰り出していった。日ノ国では巻物を使って妖術を出すという設定らしい。魔法が妖術で、魔力が妖力と呼ばれている模様。

すると、凶狢党という悪党集団が現れる。

龍頭は妖力がまったく無いことを明かす。龍頭は一花に凶狢党の相手を任せ、一花は凶狢党らを吹っ飛ばしていった。

アスタは「一瞬だけ氣が何十倍にも膨れ上がったような!?」と感じ、さらに一花が闇を纏っていることに気づく。一花は龍禅七人衆の一人であることが明かされる。一花のような人間があと6人いるっぽいですね。

一花はヤミの妹であることが明かされた。一花は「貴様のような男が大嫌いだ」と言い放つ。

<<前の話 338話 次の話>>

【ブラッククローバー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ブラッククローバーのネタバレ記事をこちらにまとめています。ブラッククローバーの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ブ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。