ブラッククローバー

【ブラッククローバー】280話のネタバレ【漆黒の三極性(ダークトライアド)が100%悪魔の力を発動】

ブラッククローバー280話のネタバレを掲載しています。280話では、冥府の一階層目が開いたことでダークトライアドが100%悪魔の力を発動させていく。そして、クローバー王国には魔神が迫ってきていたことが明らかになる。ブラッククローバー280話の内容を知りたい方はご覧ください。

ブラッククローバー280話のネタバレ

悪魔の力100%

ナハトは「プルメデが震えている」「クリフォトに整合する冥府の一階層目の最上級悪魔2体」「ダークトライアドと同等の強さと踏んでいたが、桁外れだ」と感じていた。

ナハトは二体の悪魔の攻撃を躱し切ることができなかった。

大量の根が世界からマナを吸っていた。

そして、大量の悪魔が押し寄せてくる。

魔神と対峙するメレオレオナは「ここからが本番というワケか?」と言い放つ。

ユノの攻撃を食らうゼノンが「70%の力で勝てなかったか」「だが」と考えながらも「残念だったな」と呟く。

ダンテが「最初の門が悪魔との契約を不完全にする障壁」「それが今、開いた」と言い、ダークトライアドの三人は100%悪魔の力を解放していく。





魔神襲来

ダンテが「横になっているところ悪いが、もっと私の相手をしてもらおうか」とジャックを引き寄せていく。

ヴァニカは「ひっっどいことするよねぇ〜」「私はこんっっなにアナタんこと好きなのに」「さあー、一緒にイコっ」とシャーロットに襲いかかっていく。

ゼノンと対峙するユノは「骨の再生力・攻撃力がさらに上がった」「体に受けたダメージも回復してやがる」と感じていた。

ナハトは「くそ、どこもかしこも」「モリスを放っておくと事態がどんどん悪化していく」「すぐにでもこの場を離れ、奴を倒すしかない」「ただ、最上級悪魔達の行動は未知数」「コイツらも誰かが相手をしなくては」「モリスを倒し悪魔を抑え込む」「オレ達が勝つための最善策は」と考え、「プルメデ、オレと死んでくれ」と伝えていく。

ゼノンはユノに「やはり死ぬのはオマエ達の方だ」「だが、安心しろ」「オマエ達には帰る場所も無いのだからな」と伝えていく。

クローバー王国には魔神が迫ってきていた。

<<前の話 280話 次の話>>

【ブラッククローバー】全話ネタバレ一覧ブラッククローバーのネタバレ記事をこちらにまとめています。ブラッククローバーの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ブ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。