ブラッククローバー

【ブラッククローバー】268話のネタバレ【アスタの悪魔の名前がリーベと明らかに】

ブラッククローバー268話のネタバレを掲載しています。268話では、アスタの悪魔の過去が明かされ、かつてリチタという女性に育てられていたことが明らかになる。リチタはルチフェロによって殺されていたことが明かされ、リーベはルチフェロをはじめとした悪魔への復讐に燃えていた。ブラッククローバー268話の内容を知りたい方はご覧ください。

ブラッククローバー268話のネタバレ

オレの世界を変えた

アスタが「悪魔だからって、絶対に悪いヤツだって決まってるワケじゃないだろ」と言うと、悪魔は「悪魔は冥府で生まれる」「生まれた時から悪魔の間では序列が決まっていて、それが覆ることはない」「ひどく退屈な冥府では上の者が下の者を虐げ暇を潰し、下の者は更に下の者を虐げる」「魔力を持たず生まれたオレは間違いなく最下位で、生まれてから血が流れてない日がなかった」「そんなクソな世界で悪魔にとって人間を弄ぶことは至上の悦楽で、誰もが人間のいる現世に行きたがっている」「ある時、オレは虫の居所が悪かった上位悪魔に冥府の門へ向かってブン投げられた」「門にぶつかって体がバラバラになると思ったが、魔力が無かったオレは門を通り抜けた」「思い掛けず現世に出た」「魔力が無く非力だったからか、自分がすでにボロボロだからか、オレは人間に対して何の感情もなかった」「だが、悪魔だからと恐れられ忌み嫌われた」「魔力の強い人間に追われ逃げた先で、体が動かなくなり死を覚悟した」と過去を思い出していた。

悪魔が目を覚ますとリチタという女が家に迎えてくれていた。

リチタは「それでこれが私の魔法っ」「マナの宿ってないものを別のものに出し入れすることができるの」「これでアンタを運んだの」「それにしてもビックリだわ」「こないだ五つ葉のグリモワールを拾ったと思ったら、まさか本当に悪魔と出会っちゃうなんてねー」と伝えていく。

悪魔が「オマエは、オレがこわくないのか?」と聞くと、リチタは「わはは、傷ついたただの子供が怖いわけないじゃん」「それも魔力の無いかよわーい」「それに忌み嫌われ具合なら私も負けないんだな〜」「私、近くにいるものの魔力や生命を奪っちゃう体なの」「だから、村から外れたここで一人で生きてるんだ」「ところがっ、アンタは魔力がない悪魔だからなのか、魔力も生命力も吸われない」「これってさ、運命だと思わない??アンタ、私の子供になんなよ」と伝えていく。

悪魔はリチタと共に過ごすことで、「その人間は、オレの世界を変えた」と感じていた。





私の愛する息子

リチタが「悪魔だからって絶対に悪いヤツだって決まってるワケじゃないでしょ」「だって、アンタは悪いヤツじゃない」「アンタは私を一人ぼっちの苦しみから救ったもの、ありがとうリーベ」と伝えると、突如リーベに異変が起こる。

リーベが「ルチフェロだ」「まさか人間と契約せずに現世に存在する悪魔がいるとは」「暇潰しに探ってみるものだ」「イイモノを見つけた」「コイツを利用して私の肉体を現世に顕現する方法を探」と言うと、リチタは「なにアンタッ!!?」「リーベの体からはなれなさいッッ」と言う。

ルチフェロが「愚かな人間よ、力がほとんど使えないといっても貴様ごとき」と言うが魔力を吸われていることに気づき、リチタに襲いかかる。

が、リチタが「この子は、わたさないッッ」とルチフェロを追い払い、リーベに「ごめんね、私バカだからさ」「アンタをアイツから守る方法、これしか思いつかないや」「私の魔法でアンタを五つ葉の魔導書に封じ込める」「次にここから出てくる時、アンタはきっと強く成長してる」「生きて、ね、リーベ」「私の愛する息子」と伝え生き絶えていった。

リーベは「ユルサナイ」「コノ悪意が、消エナイ」と考えながら「悪魔ってのは、どいつもこいつもクズなんだから、すべて殺す」「オマエの体を奪ってでも」と言い放つ。

<<前の話 268話 次の話>>

【ブラッククローバー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ブラッククローバーのネタバレ記事をこちらにまとめています。ブラッククローバーの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ブ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。