ブラッククローバー

【ブラッククローバー】264話のネタバレ【ヴァンジャンスがゼノンに負けた理由が明らかに】

ブラッククローバー264話のネタバレを掲載しています。264話では、ユノが金色の夜明けを壊滅に追いやったゼノンを自らの手で倒すため、スペード王国強襲部隊へ志願していく。ノエルが目を覚ますと、そこにはリヒトらエルフ族の姿があった。ブラッククローバー264話の内容を知りたい方はご覧ください。

ブラッククローバー264話のネタバレ

クローバー王国最強の魔法騎士団だ

ナハトが「オレの魔法ならヤツらにバレず王城内に侵入できる」「そこでダークトライアドを強襲し各個撃破する」「重力・肉体魔法のダンテ」「呪符・血液魔法のヴァニカ」「空間・骨魔法のゼノン」「ただ、オレの魔法では大勢連れていけない」「ヤツらを倒せる可能性が最も高い者を選ぶ必要がある」と言うと、ジャックが「カッ、たりめーだァ」「オレ達団長から選ぶに決まってるぜぇー」と言うが、ユノが「オレに行かせてくれ」「図々しいのはわかっている」「でも、お願いします」と伝えていく。

ジャックが「あァ!?バカかテメーは」「一度負けてるヤツを行かせるワケねーだろ」と言うと、フエゴレオンも「ユノ、気持ちはわからないでもないが、クローバー王国に残り国を護るのも大事な任務だ」と伝えていく。

ナハトが「君には聞きたいことがあったんだ」「スペード王国にはダークトライアドに対するレジスタンスが存在する」「先日その一人が秘密裏にクローバー王国にやって来ている」「今、君のところにいるだろう?」「君は何者かな?」と聞くと、ユノが「オレは、スペード王国の王子らしい」「オレの元にいるそいつは旧スペードの王族の従者だ」「敵のことも城内のことも詳しいはず」と答えていく。

ジャックが「カッ、ますます任せられるかよォ」「その従者が敵のスパイかもしれねぇだろうがァ」「下手すりゃテメェがスパイの可能性だってあるぜぇ!?」と言うと、ユノは「オレが助けないと意味がない」「オレだけじゃない」「エルフの一件以後、アンタ達はヴァンジャンス団長にも不信感を持っているだろう」「ただそれも仕方のないことだと思う」「ヴァンジャンス団長は人間とエルフ、どちらかを選べなかったから」「だからこそ今、苦しみながら誰よりも真摯に魔法騎士として戦い続けている」「あの時、ヤツに敗れた後、薄れてゆく意識の中で覚えていることがある」「ヴァンジャンス団長は金色の夜明け団員を守りながら戦っていた」と語っていく。

ユノが「オレ達を守りながら戦ったから、ヴァンジャンス団長は捕らえられたんだ」「アンタ達からすれば一度国に背いた裏切り者でも、オレ達からすれば誰よりも頼もしく優しい団長だ」「ゼノンは金色の夜明け全員を殺した気でいる」「だが、オレ達は全滅しちゃいない」「生きている、ヴァンジャンス団長の魔法で」「まだ終わってねぇ」「金色の夜明けがクローバー王国最強の魔法騎士団だ」「オレ達を守ったヴァンジャンス団長が正しかったということを、それを証明しに行くんだ」「ヴァンジャンス団長はオレが助ける」と言い放つと、ジャックが「何だ!?この魔力は」と感じながら「テメェ、勝手ほざくのもいい加減に」と言うが、シルフが「ちょっともう黙ってくれる?」「今、マナを蓄えてるんだから、あの骨野郎を倒す為に」「ユノはもう、負けないわ」と告げていく。





エルフと共に

ナハトが「勝算がないわけではなさそうだ」と考えながら「いいだろう、君みたいなヤツは嫌いじゃない」「では、スペード王国への出発は3日後早朝、作戦詳細は追って伝達する」と伝えていく。

フエゴレオンが「となれば、ハート王国にも協力要請をしたいが」と言うと、シャーロットが「あぁ、だがハート王国とは昨日から連絡が取れない」「まさか、何かあったのか」と返し、ナハトは「昨日、ダークトライアド全員が城を出ていた」「3人共不在だったからオレがスペードで大きく動けたわけだが、ヴァニカはハート王国を襲撃していたのかもしれないな」と伝えていく。

ノエルが目を覚ますと、そこにはリヒトらエルフ族の姿があった。

<<前の話 264話 次の話>>

【ブラッククローバー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ブラッククローバーのネタバレ記事をこちらにまとめています。ブラッククローバーの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ブ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。