ブラッククローバー

【ブラッククローバー】256話のネタバレ【ヤミの闇魔法死突でダンテを撃破!?】

ブラッククローバー256話のネタバレを掲載しています。256話では、悪魔の力を解放したダンテにヤミが圧倒されていく。が、今ここで限界を超えたヤミが、闇魔法 死突でダンテの体を貫いていく!?ブラッククローバー256話の内容を知りたい方はご覧ください。

ブラッククローバー256話のネタバレ

一瞬で殺される

フィンラルは「オレ達がスペード王国を攻めるために偵察していたのに」「逆に何でこんな状況に」「ヤミさんをサポートするために動くか!!?」「それとも他の騎士団長を呼びに向かうか!!?」「いや、ダメだ」「今動いたら、一瞬で殺される」と感じていた。

ヤミが「80%がテメーの本気かよ」と言いながらも「なんつー魔力してくれてんだよ、ドちくしょーが」と考えていくと、「悪魔憑きは冥府の悪魔と力を共有する者」「現世と冥府、2つの別世界間でやりとりしている以上、冥府の扉を開かないと100%は力を出せない」と言い、重力魔法 重力特異点を放っていく。

ヤミが闇纏・次元斬りを放つが、ダンテは次元斬り自体を歪ませていく。





闇魔法 死突

ヤミは「黒月をぶつければ相殺できるかもしんねーが、ヤツの重力が発生している限り黒月を失うワケにはいかねぇ」「常にマナゾーン凝縮して感度マックスで避けるしかねえ」「そんで間合いに入り込む」と間合いを詰めようとするが、ダンテに防がれていく。

ヤミが「まてまて、そもそも斬っても再生しちまうし意味ねー」「もっとこう、速ぇし強ぇ威力がある一撃じゃねぇと」と考えていると、ダンテが連続で放った攻撃で生まれた隙に落とされた大岩に潰されてしまう。

ダンテgあ「とっても楽しかったよ、ヤミ・スケヒロ」「人間にしては、ね」と言うが、ヤミは「今ここで、限界を超える」「団長務まんねぇわな、団員の前でやれねぇとよォ」と言い、岩を破壊して立ち上がる。

ヤミは「凝縮したマナゾーンを、さらに超凝縮」と闇魔法 死突でダンテの体を貫いていく。

<<前の話 256話 次の話>>

【ブラッククローバー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】ブラッククローバーのネタバレ記事をこちらにまとめています。ブラッククローバーの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 ブ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。