バイオハザード

歴代バイオハザード作品のリアルな人気ランキング【シリーズファン150人におすすめソフトを聞いた上で決定】

アクションアドベンチャーにホラー要素が加わり、「サバイバルホラー」というジャンルを確立させた人気タイトル、バイオハザード。バイオハザードはカプコンの看板タイトルということもあり、今までにいくつものタイトルが発売されています。

そこで今回、シリーズファン150人にアンケートした上で、歴代バイオハザード作品のリアルな人気ランキングを作成しました。今まで発売されたバイオハザード作品の中で、どのタイトルが一番人気か気になる方はぜひランキングを最後までご覧ください。

 

シリーズファン150人に聞いた歴代バイオハザード作品のリアルな人気ランキング

 

9位 biohazard 0 1票

初代バイオハザードの直前を描いた作品でGCで発売された。レベッカとビリー2人の主人公を切り替えながら進めるザッピングシステムが導入されたのが大きな特徴。バイオハザードシリーズは全体的に難易度は高めだが、この作品はシリーズの中でも特に難易度が高め。排除しなければならない敵が多い割に入手できる弾薬は少なかったり、即死攻撃をしてくる敵も多かったりと攻略難易度はかなり厳しめとなっている。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

ゾンビの顔が可愛かった事で面白かったです。

 

8位 BIOHAZARD CODE:Veronica 4票

バイオハザードシリーズ4作目でDC・GC・PS2で発売された。シナリオが前半のクレア編と後半のクリス編に分かれており、ゲームボリュームが従来の2作品分相当とかなりボリューミーとなっている。3までの路線を踏襲した作品となっているので、バイオハザード3までの雰囲気が好みの人は間違いなく楽しめる作品です。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

「リニアランチャー」に大興奮した。「こんな凄いウェポンが出てきたのか!」と大興奮して、楽しみながらモンスターを攻撃したことを、よく覚えている。
ナイフ一本でクリアできないなど、さらに難しく複雑になった分、しっかり楽しめる意欲作でした。
主人公が女性というのでも感情移入しやすかったし、最初から最後までハラハラしました。シリーズ1の主人公である兄を追ってからのはじまりも兄弟仲の良さが出ていて良かった。個人的に家族愛には弱いので。兄のクリスも登場し、最後はクリスで進行していくという流れでアイテムボックスの共有が出来たのも良かったです。もう一人のメインキャラ・スティーブも可愛いキャラ。クレアと協力していい感じの関係になるのに、まさかのモンスター化!当時は!?と驚きショックでした。しかも死亡って。。2人で脱出できると思ってたのでまさかの展開にやられました。アンブレラの創設メンバーの孫で双子の兄妹が敵。妹がまた強すぎるし怖い。妹になりきって女装したり会話したりしている兄も人格崩壊で怖かった。クリスとクレアの兄妹と違いすぎるでしょ。バイオハザードシリーズではじめてしたのがこれだったので印象深いし、一番面白かったです。

 

6位 BIOHAZARD 3 LAST ESCAPE 6票

バイオハザードシリーズ3作目のタイトル。追跡者ことネメシスに追われる緊張感は半端じゃなく、「バイオハザード作品の中で一番印象に残っている作品」という人も多いだろう。追加された新要素ライブセレクションも恐怖を煽る演出となっており、ネメシスからの追跡と相まって恐怖面の演出が強化された作品となっています。

個人的おすすめ度

★★★★☆

なんといっても、追跡者から逃げるあの緊張感が、とても怖くて、面白かったです。
追跡者に常に追われているのが緊張感があって良かったですね。ジルが主人公なのもポイント高いです。
小学生の時に初めてしたのが印象的で、他の作品と比べてもハラハラ感を超える事が未だに無いです。

 

6位 BIOHAZARD 6 6票

バイオハザードのナンバリングタイトル6作目の作品。主人公が3人+αでストーリーとしてはシリーズ最大級のボリュームを誇る。4・5でサバイバルホラーアクション要素がだいぶ薄まってしまったこともあり、「原点回帰」として発売されたタイトルだが、その実ホラー要素皆無のアクションゲームとなっていたので「どこが原点回帰??」というツッコミを食らってしまう結果となった。特に4・5で批判されRVで廃止されたQTEが復活どころか大幅に増加していたのも大不評を呼ぶ原因に。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

当時グラフィックが劇的に進化したこともあり感動したのを今でも覚えています。ストーリーもクリアしていくうちに全て繋がっていきやりがいがありました。個人的にはクリスとピアーズが好きです。
この作品に関しては、アクション・武器などの動きが細かく作られており、ゾンビやボスの描かれ方もリアリティーに再現されていたので、とても良い作品だなと思いました。町の描き方など壊れたビルや燃えている車の描き方を見て、今後は期待して次回作をやっていけると思いました。
格闘アクションができ、操作も簡単で内容もさくさく進めることができる。

 

5位 BIOHAZARD 5 11票

バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル5作目。ゲーム開始時から終始二人一組で行動するので、2人での協力プレイが楽しめるのが本作の売り。ただ、ホラー要素が皆無になり今までのバイオハザードらしさは一切なくなってしまっている。ステージのほとんどが明るいステージなので、もはやホラーゲームとは言えないwバイオとは別のゲームとして発売すればよかったのに感は否めないところはある。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

友人と二人で協力プレイが出来るところが良かったです。ストーリーも面白かった。
2キャラでプレイしなければいけない点が1番の特徴だと思いました。1人でのプレイだとコンピュータキャラをいかに上手く扱うか…2人プレイだといかに息を合わせられるか…そこがとても面白かったです。
ps3初期としてはグラフィックが非常にキレイで感動したところ。キャラクターの表情が非常によく動き、演技も良いのでストーリーを楽しめるところ。

 

4位 BIOHAZARD 7 resident evil 13票

バイオハザードのナンバリングタイトル7作目。4・5・6とどんどんアクション要素が強まっていったが、7は原点回帰ということで純粋なホラーゲームとなって帰ってきた。一人称になったことや最高グラフィックで表現されていることで、「そこを歩く恐怖」がリアルに再現されており、「シリーズ最恐」とも言われている。「サバイバルホラーとしてのあり方を見失っていたバイオハザードが完全復活を果たした」という評価もあり、「バイオハザードの評価を取り戻した」という意味でも良作と言える。「特に恐怖を味わえるバイオハザードがやりたい」という人にはこの作品がおすすめ。

個人的おすすめ度

★★★★☆

おそらく一番怖い(一人では怖いくらい)なのでスリルがあって刺激的なところがいいです。
とにかく敵が出てビックリするシーンが多いあと選択肢間違えると即死があるのも難しくて好き。
ホラゲーという在り方に回帰しつつも、これまで積み上げたアクション性は損なわずに両立させることができていた点のポイントが非常に高い。この後に発売したBIOHAZARD RE:2に関しても同様のことが言える。

 

3位 biohazard 4 20票

バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル4作目。フルモデルチェンジを謳って開発された通り、今までのバイオハザードとはだいぶ変わっている。主人公のアクション要素が強まり、完成度の高いホラーアクションゲームとなった。ただ、その分ホラー要素が薄まり、5・6とその傾向が強まっていったという意味では、ファン離れを進める要因となったソフトとも言えてしまう。アクション面が強まったことでプレイする爽快感は強まったので新規プレイヤーでも楽しみやすくなっている。

個人的おすすめ度

★★★☆☆

今までのバイオシリーズとの違いが大きく、武器の種類、戦略、縛りプレイ等幅広い遊び方が出来るのが面白かったです。何周したかわからないほど遊びました。
それまでのゲーム性から一新してTPSにした割に、しっかりとバイオハザードのストーリー(世界観)を崩さない仕上がりで感動したため。
銃の改造本格化が始まったこと、映像がよりリアルになり始めたこと。

 

2位 BIOHAZARD 2 22票

バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル2作目。2人の主人公を操作するザッピングシステムが導入された。前作と比べて難易度は易しくなった。多彩なシナリオにおまけ要素も加えられ、前作から正当進化した作品と言える。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

1に比べて少しドラマティックになった所と、謎解き要素が1に比べて面白かった。ホラー要素も丁度良い。新しい2人の主人公のキャラクターも良かった。
BIOHAZARDは、ゲームも好きでそれが実写かになると初回より楽しみにしていた。私は、もともとホラー映画が好きでゾンビ映画は良く見ている。そのなかでもこの作品は好きなのでホラー的要素もふんだんに使われているだけでなく、アクションシーンも多いこの、BIOHAZARD2は私が好む要素が強い。一番の私が面白いともえたシーンは、ジルを演じるシエンナ・ギロリーがとてもゲームと同じ演技をしていて、ゲーム内容を思い出しながら見れるところが面白いと2回目を見たときに思った。ゲームをやったことある人や、バイオハザードファンにとってはキャスト全員を比較してこの映画をもう一度見てみると、更に面白いと思っていただけるのではないかと思います。
レオンとエイダの初登場作品。ここから2人の危うい関係がスタートします。ホラーアドベンチャーですが、そういった人間関係も楽しめる作品です。

 

1位 BIOHAZARD 52票

バイオハザードシリーズの原点となる初代バイオハザードが人気No.1タイトルに選ばれました。アクションアドベンチャーにホラー要素が加えられ、「サバイバルホラー」というジャンルを確立したのがこのバイオハザード。以降シリーズ化され、カプコンの看板タイトルとなっていく。恐怖演出が強く、バイオハザードらしいホラー要素は今でも十分味わえる作品となっている。シリーズファンでまだ未プレイの方は、シリーズの原点となるこの作品をぜひプレイしてみてください。

個人的おすすめ度

★★☆☆☆

ジョボビッチが新鮮であるし、ゲームが映画になったという印象度が高い。モンスターの映像迫力は今から見るといまひとつではあるが、当時としては記憶に残る。シリーズ物はあとになるほどつまらなくなるかというとそうでもない(ターミネーターはいまのところ2が一番よい)が、総じて予想内の展開に終わることが多い。最近はトレーラー以上の見せ場を感じる映画が本当に少なくなりました。
初めてのホラーゲーム、尋常じゃない操作性、目を見張る演出、甘えることを許さない難易度。今でも目に焼き付いてます。
一発目のインパクトが半端なかったです。ゾンビをばんばんやっつけていく爽快感などストレス解消にもなりました。
原点であり、グラフィック等が今のように洗練され切っていないあの頃だったからこその意欲的作品だから。
正確にはリメイク版が好きなんですが、原作の雰囲気やシステムを踏襲しながらも謎解きやゾンビなどが変化、パワーアップしていたり、新しい敵やステージが増えているのがたまらなかったです。これぞバイオハザードって感じですね。

まとめ

以上、歴代バイオハザード作品のリアルな人気ランキングでした。今回はこのような順位となりましたがいかがだったでしょうか??ただ、どの作品がNo.1かは人によって意見が分かれるところだと思います。なにかご意見があれば、コメント欄にコメントいただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。