出会って5秒でバトル

【出会って5秒でバトル】160話のネタバレ【九龍の能力が《喰奴》と判明】

出会って5秒でバトル160話のネタバレを掲載しています。160話では、二宮を戦闘不能に追い込むが、ののんは赤い糸の解除方法を知らなかった。すると、二宮と連絡を取っていた九龍が現れる。出会って5秒でバトル160話の内容を知りたい方はご覧ください。

出会って5秒でバトル160話のネタバレ

熊切ならこうするはずだ

ののんが「ニノぴ、私に透過能力を?」「どうして」「ニノぴ」と二宮の元に駆け寄る。

霧崎は「やりやがった」「どちら一方の能力を封じればあのコンビは瓦解する」「あのヤバイ女が姿を見せた時点で勝負は決まっていたのか」と改めてアキラの恐ろしさを感じていた。

ののんが「私と離れたいならどうして」「また助けてくれたの?」「私も、私も一緒に」とつぶやくと、アキラが「本当にそれでいいのか?」「その男はまだ生きてる」「瓦礫をどかしてすぐやってくる救急隊に任せればきっと助かるはずだ」「俺達の糸を解除するならその手助けをしてやる」「そいつがどうして自分を犠牲にあんたを助けたか考えろよ」と交渉を仕掛ける。

ののんが「わからない」「つけた糸のはずし方がわからないの」「わかってるのは「二人の絆の強さ」で糸の強度が決まること、糸が切れたら胸が裂けること、それだけで」「私にできるのは赤い糸を付けたり触れたりすることだけなの」「ニノぴは私が死ぬかリタイアしないと消えないんじゃないかって」「だから、関係ないカップルに糸をつけちゃった時もどうしようもなかった」「ごめんね、ニノぴ」と伝えると、霧崎は「おい、こいつがあの男との記憶を失うリタイアを選ぶと思うか?」「望み通りここであの男とくたばってもらうしかねェだろ」と言う。

が、アキラは「手を貸してくれユーリ、瓦礫をどけて男を運ぶ」と言い、霧崎が「どうするつもりだ?お前らしくねーんじゃねーか」と言うが、アキラは「そうだよな」「でも、熊切あんらこうするはずだ」と答えていった。

すると、二宮の端末から「オイ、水族館についたぞ、どこにいる?」「なんだ?水浸しじゃないか」「おい、返事しろ、まだ戦っているのか?」という声が聞こえてくる。霧崎が「通話か!?」「誰と繋がっているんだ?」と口にすると、ののんが「ニノぴが連絡してた、万が一のためにって」「あいつらだ、あいつらが来る」と言う。霧崎が「おい、何者が来るんだ!?」「まだ他にも仲間がいたのか!?」と言うと、ののんは「仲間じゃない、仲間なんかじゃ」と返し、端末から「二階か?上にいるのか」「よし、すぐに行くぞ」と告げられる。

すると、何者かが二階に跳んでやってくる。

その正体は九龍だった。

《喰奴》

九龍が現れ霧崎が「何者だこの爺」と言うと、アキラが「俺の親父の仲間だ」と説明すると、九龍は「安心せい、燈夜は別行動じゃ」と言う。

九龍が「しかし驚いたわ、こいつらの奇襲を避けるとはな」と感心していると、アキラが「この二人も親父の仲間だったとはね」と口にするが、九龍は「仲間?とはちょっと違うわなあ」と言う。ののんが「ニノぴが下敷きに、お願い助けて」と懇願するが、九龍は「ワシらはこの二人に銃や情報を融通してやり、こいつらはワシらのために他の参加者を始末する」「うまく事が運べば最終プログラムに連れて行ってやる、それだけの関係じゃ」「何かあれば手助けしてやるとは言っておいたが、もう使えんなら助ける理由はないのお」「ワシがKILLをもらうとしよう」とののんに刃物を向けていく。

が、瓦礫が九龍の攻撃を阻んでいく。

アキラが「すでに瓦礫に触れてS極属性を与えておいた」「このN極の柱に瓦礫を「引き付ける」」と能力で瓦礫を引きつけていく。

九龍が「なんじゃあ、今のは!?」「燈夜の倅、貴様か!?」「能力は瞬間移動だけじゃなかったのか!?」「面白い、他にもあるなら見せてみい」と言い放つと、霧崎が「ジジイ、いきなり出てきて横やり入れてんじゃねーぜ」と斬りかかるが、返り討ちにされてしまう。

千歳に気づいた九龍が「ん〜?」「お前は知っておるぞ、たしか燈夜が刺客にした」「寝返って倅のほうについたか、んじゃお前も狩ってよかろう」と言うと、ユーリが「待ちやがれ」「千歳ちゃんやこの二人を狩るっていうのなら、まずはあたし達が相手してやる」と立ちはだかるが、九龍は「おいおい姑娘何言うとる?」「お前らとっくに暗器屋九龍の刃圏内におるじゃないか」「「まずはあたし達」じゃない、すでに「6人もろとも」「わしの獲物」じゃよ」と言い放つ。アキラが「気をつけろ」「そいつは色んな武器を隠し持ってる」「何か飛ばしてくるぞ」と叫ぶと、九龍が大量のナイフを飛ばしてくる。

ユーリが「これがあいつの能力!?」と言うが、九龍は「いやいや、ただの特技じゃよ」「九龍の暗器百式、剣もナイフもなんでもアリじゃ」「こういう暗器も、な」と二宮の足をロープで拘束していた。

九龍が「まず一人」と二宮を水に投げ込むと、「安心せい」「あいつが溺れ死ぬまでには全員ワシの能力であの世に行っとるわ」と能力「喰奴」を発動しようとしていた。

<<前の話 160話 次の話>>

【出会って5秒でバトル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】出会って5秒でバトルのネタバレ記事を一覧でまとめています。出会って5秒でバトルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用くださ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。