バキ道

【バキ道】131話のネタバレ【愚地独歩VS蹴速が始まる!!!!!】

バキ道131話の要約と注目ポイントをまとめています。131話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

バキ道131話のネタバレ

独歩を見た御手洗が「ホントウにお変化りない、年齢を重ねるも独歩さんには「枯れ」の気配がない」と評した。

一方、蹴速は四股を踏んでいた。

蹴速は古代相撲「蹴速流」にもっとも近い体術は空手と見ていた。空手界の頂点に君臨する伝説の空手家である愚地独歩と戦えることに感謝を述べていた。こいつもうどう足掻いても小物にしか見えないから、さっさと終わってほしいんだよなw

そして、ついに独歩VS蹴速の戦いが始まっていく。

<<前の話 131話 次の話>>

【バキ道】全話ネタバレ一覧【最新話あり】バキ道のネタバレ記事を一覧でまとめています。バキ道の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 バキ道の全話ネタバレ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。