バキ道

【バキ道】130話のネタバレ【蹴速のとんでもエピソードが明らかにwww】

バキ道130話の要約と注目ポイントをまとめています。130話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

バキ道130話のネタバレ

存在し得ない唯一無二の刃物

徳川は蹴速が愚地独歩をよく切れる鉈と表現したことを「なかなかの洞察力」と褒めながらも、「ぶっとい薪を断ち切り、うぶ毛を剃り落とす存在し得ない唯一無二の刃物じゃ」と伝えた。

座ったことがないのです

蹴速は蹴りでペットボトルのフタを開け、自身も十分に剃刀であることを示した。

そして、蹴速を名乗って以来、椅子に腰掛けたことがないという事実を明かす。座ってるように見せかけ、臀部を少しだけ浮かせていたとのこと。20年以上も続けている内に、脚部は蹴速と化し鉈と化していた模様。

なんだろう、なんかこいつイマイチ大物感出てないんだよな。エピソードもショボくないですかw?顔も一般人なのも良くないと思う。こいつの戦いが全然ワクワクしない。

調理

その頃、独歩は巨大な氷を掌底で粉々に粉砕するという離れ技を見せていた。

<<前の話 130話 次の話>>

【バキ道】全話ネタバレ一覧【最新話あり】バキ道のネタバレ記事を一覧でまとめています。バキ道の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 バキ道の全話ネタバレ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。