進撃の巨人

【進撃の巨人】3巻のあらすじをネタバレ【トロスト区奪還作戦がスタート】

進撃の巨人3巻のあらすじをまとめています。進撃の巨人3巻は、エレンの巨人の力でトロスト区の奪還を目指すストーリーが描かれます。この作戦が成功すれば人類が初めて巨人に勝利することになるわけですが、いったいどうなるのでしょう??進撃の巨人3巻の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

 

進撃の巨人3巻のあらすじ

 

正体が巨人だと判明したエレン

巨人に捕食されたエレンだったが巨人の胃の中で巨人化し、巨人を倒しながら暴れ回っていたことが明らかになった。その後、エレンは力尽き気を失っていたのだが、目を覚ますと敵意むき出しの兵士に囲まれていた。「エレンの正体は巨人で人類の敵」と認識されていたからだ。幼馴染のミカサアルミンはエレンのことを信じているが、それ以外の兵士はエレンのことを信じられず、エレンを排除しようとしていた。自分が人間であることを必死にアピールするエレンだが、キッツ隊長はエレンを排除することを決め、大砲を放つ合図を送る。ところが、エレンが巨人に変身し、巨人体となって大砲を防いでみせた。

 

ドット・ピクシス登場

大砲を防ぐためとは言え、目の前で巨人に変身してしまったのでエレンの身の潔白を証明するのは不可能となってしまった。エレンは巨人の力を使ってグリシャが残した地下室を目指そうとするが、「アルミンがオレを脅威じゃないと説得できるならそれを信じて従う」と提案する。それを聞いたアルミンは必死にキッツ隊長に説得を試みるが、考えることを放棄してしまっているキッツ隊長は聞く耳を持たず再びエレンに大砲をお見舞いしようとする。それを止めたのがトロスト区を含む南側領土を束ねる最高責任者であるドット・ピクシス。ピクシスがキッツ隊長を制止し、エレンは何とか処分されずに済んだことになる。

 

トロスト区奪還作戦が決行

ピクシスはアルミンが「巨人の力を使えばトロスト区を奪還できる」と言っていたのを聞いて、エレンの処分を制止させていた。巨人となったエレンで大岩を運び、壁の穴を塞いでトロスト区の奪還を図るのがアルミンの考えだった。その考えに乗ったピクシスは、早速エレンの巨人の力を使ってトロスト区を奪還する作戦の準備を進めていく。

 

まさかのエレンが暴走!?

ピクシスが考えた作戦は、トロスト区の巨人を壁際におびき寄せ、その隙に少数の精鋭班に守られたエレンが巨人となって大岩を運んで壁の穴を塞ぐというもの。作戦通り大岩の近くで巨人に変身したエレンだが、まさかの暴走状態となりミカサに向かって拳を振り抜いてきた。ミカサは何とか攻撃をかわしていたが、最終的にエレンは自分の顔面に向かって拳を振り抜き、そのまま再起不能状態となってしまった。肝心のエレンが動けなくなり、現場の精鋭班は作戦を中止させようとするが、班長の一人であるイアンは作戦の続行を提案し、エレンが動けるようになるまでエレンを巨人から守ることを命ずる。

作戦に重大な支障が出ていることを伝える狼煙を見て、アルミンは再起不能となったエレンの元に駆けつけていた。アルミンはうなじ付近にブレードを突き刺しながらエレンに必死に声を掛ける。果たしてアルミンの声はエレンに届くのか??

まとめ

以上、進撃の巨人3巻のあらすじでした。作戦の要であるエレンが暴走してしまい、「いったいどうなってしまうんだ!?」と非常に気になるところで終わりを迎えていますよね。この作戦が成功すれば、人類が巨人に初めて勝利する瞬間となるので、どうなっていくのか非常に気になるところです。

進撃の巨人の今までの話を「【進撃の巨人】今までの話を全ネタバレ!一気にストーリーを振り返る!」にまとめているので、進撃の巨人の内容を振り返りたい方はぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。