進撃の巨人

【進撃の巨人】102話のネタバレ【調査兵団とマーレの戦士の総力戦が開幕】

進撃の巨人102話のネタバレを掲載しています。102話では、戦鎚の巨人の秘密が明らかになり、エレンが戦鎚の巨人を追い詰めていく。マーレの戦士隊や調査兵団が続々と集まり、総力戦が始まっていく!?進撃の巨人102話の内容を知りたい方はご覧ください。

進撃の巨人102話のネタバレ

戦鎚の巨人の秘密

マガトが「指揮系統が崩壊した今こそ、我がマーレ軍の力が試される時だ」「特別警戒訓練中の陸軍一個師団すべて山から降ろせ、沖の艦隊もだ」「西と東から3万の兵力をここに集結させろ」「レベリオ収容区を封鎖する」「「始祖」を含め、島の悪魔共を一匹たりとも逃してはならん」と指示を飛ばす。

マガトが「今のうちに暴れてろ」「もうお前達に未来は無い」「この虐殺事件を受け、式に参加した政府要人ら主要国家は当事者となった」「ヴィリー・タイバーの思惑通り世界に「エルディア帝国」の脅威が知れ渡ったのだ」「世界はお前らを生かしておけなくなった」「しかし、ヤツらとてそんなことは承知のハズ」「だとすると何を考えて」と考えていると、窓から爆弾が放り込まれてくる。マーレ兵は調査兵団たちを撃ち落そうとするが、逆に調査兵団たちにやられていく。

ジャンはやりすぎているフロックを見て、「オイ!?」「収容区ごと燃やすつもりか!?」「民間への被害は最小限に抑えろ」と伝える。

が、フロックが「ジャン、ここにいるのは敵と敵の住む建物だけだ」「俺達「壁内人類」がどれだけ壁の外の奴らに殺されてきたか忘れたか!?」「食い殺されたんだぞ!?」「まだまだこんなもんじゃ済まされねぇよ」と言うと、ジャンが「お前まだそんなこと言ってんのか!?」と返すと、フロックは「見ろ」「エレンは示した、戦えってな」「俺達はただ壁の中で死を待つだけじゃない」「俺達にはあの悪魔が必要だ」と返していく。

ミカサが「エレン、あたなは自分が何をやったのかわかってるの?」「あなたは民間人を殺した、子供も殺した」「もう取り返しがつかない」と言うと、エレンは「ミカサ、まだ終わってない」と返す。ミカサが「そんなはずは無い」「うなじを完全に吹き飛ばした」と驚くが、エレンは「オレもうなじを念入りに潰した」「だが奴は死んでいない」と返す。戦鎚の巨人はボウガンを生成し、エレン目掛けて放っていく。

ミカサがエレンを抱えて回避すると、エレンが「「戦鎚の巨人」」「硬質化で何でも器用に作っちまうってわけか、わかってきたぞ」「いくらうなじを潰しても死なねぇわけだ」「ミカサ、奴の注意を引いてくれ」「上手くいけば、「戦鎚の巨人」を食える」と伝えていく。

コルトがウドを病院に連れて行くが、「ダメダメ、ベッドはとっくに満杯だ」「その子もとっくに死んでるよ」と断られる。

コルトは「ガビ、お前は家族と一緒にいろ」「どこが安全かもわからない状況だが、広場からできるだけ離れているんだ」「広場の巨人は戦士隊のみんなが倒してくれる」「俺はファルコを探しに戻るから」と伝えるが、ガビは「私も戻る」「ウドとゾフィアが何で殺されたのか、わからないから」と広場に戻っていく。ガビが広場に戻ると門兵のおじさんたちに止められるが、調査兵団による爆弾攻撃に襲われる。

門兵はガビを逃がそうとするが、撃ち抜かれて死んでしまう。

撃ち抜いていたのはサシャだった。

コニーが「この道も塞いだ」「行くぞサシャ」と言うが、サシャは「コニー、明かりを灯すことをお忘れですか?」と返す。

コニーが「ジャン、敵の増援はしばらく来ないぞ」とジャンと合流すると、ジャンは「こっちもあらたか敵を制圧した」「明かりの設置は?」と返す。サシャが「すべて仕掛けました」と答え、コニーが「作戦は順調か?」と聞くと、ジャンは「今のところは」「時間までにあの「戦鎚の巨人」さえ無力化すればな」「だがわからねぇ、何が起きたっておかしくねぇよ」「この戦いの先に何があるのか」「それを見極めるためには生き残らねぇと」と返していく。

ミカサが雷槍で戦鎚の巨人を吹っ飛ばすが、戦鎚の巨人が新たな武器を生成して反撃する。

その隙にエレンは「違和感の正体がわかった」「「戦鎚の巨人」が現れた時に感じた違和感だ」「こいつは、足元から体ができていった」「うなじからではなく、ステージ中央の地面からだ」「「戦鎚」の本体はそこにいる」と考えながら再び巨人になり、地面下に隠れた戦鎚の本体を見つけていく。

進撃の巨人が結晶化された本体から伸びているものをちぎると、巨人も無力化していく。

総力戦

戦鎚の巨人が食われそうになるが、顎の巨人が阻止していく。

「この瞬間を待っていた」「始祖を奪還する」と進撃の巨人のうなじに噛みつくが、リヴァイに口元を斬られ阻止される。

顎の巨人は進撃の巨人に建物に押し潰され、リヴァイが接近してくると「ここはまずい」と一時離脱を図る。

が、ミカサに回り込まれ雷槍で逃走を阻止される。ポルコは「バカな!?」「俺は巨人だぞ!?」「こいつら人間の姿のまま俺を殺す気か!?」「これが、パラディ島の悪魔」と感じていた。

が、車力の巨人の砲撃で阻止される。

ピークは「何とか間に合った」「やはりこの重機関銃武装は立体起動にとって天敵」「時間を使った甲斐はある」と考え、「敵を撃ち落とせ、パンツァー隊」と命じていく。

結晶化された戦鎚の巨人の本体を掴む進撃の巨人だったが、戦鎚の巨人の攻撃を受ける。

そこに、獣の巨人が近づいてくる。

ジークが「逃がすな、殲滅しろ」と言うと、対峙するリヴァイは「死ぬな、生き延びろ」と言う。

<<前の話 102話 次の話>>

【進撃の巨人】全話・全巻のネタバレ一覧進撃の巨人のネタバレ記事をこちらにまとめています。進撃の巨人の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 進撃の巨人...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。