進撃の巨人

【進撃の巨人】101話のネタバレ【進撃の巨人VS戦鎚の巨人が激アツすぎる】

進撃の巨人101話のネタバレを掲載しています。101話では、進撃の巨人の襲撃があったことで戦鎚の巨人が現れる。進撃の巨人と戦鎚の巨人の戦いが繰り広げられる中、ミカサら調査兵団たちも姿を現す!?進撃の巨人101話の内容を知りたい方はご覧ください。

進撃の巨人101話のネタバレ

戦鎚の巨人登場

進撃の巨人はヴィリーを捕食していく。

そして、マーレ軍元帥たち軍中枢部の人間が集まる客席に飛び込んでいく。

コルトが「起きろ、ガビ、ウド」と叫ぶと、ゾフィアは瓦礫に潰されてしまっていた。

進撃の巨人は暴れ回る。

ウドがゾフィアを助けようとするが、逃げる群衆に巻き込まれてしまう。

コルトはガビを抱えながら壁でなんとか群衆をやり過ごす。

ヴィリーの妹が「兄さん、タイバーの務め、大変ご立派でした」と告げ戦鎚の巨人に変身していく。

進撃の巨人が戦鎚の巨人をいきなり殴りつけていく。

お願い、帰ってきて

マガトに「「戦鎚の巨人」がやられてしまいます」「カルヴィ元帥ら軍幹部は全滅したようです」「隊長、戦士隊が見つかりません」「とにかく要人の避難を、我々もここにいては危険です」「指示して下さい、隊長」という連絡が入るが、マガトは一発銃を放つ。

マガトは「豆鉄砲だが、マーレ軍反撃の口火は今をもって切られた」「まさかここまで派手に登場するとはな」「それも、あの特徴からして「始祖の巨人」の簒奪者、「進撃の巨人」エレン・イェーガーご本人がお越しだ」「島まで行く手間が省けた」「総員持ち場へ戦闘用意」と命じていく。

進撃の巨人が戦鎚の巨人をボコボコにしていくが、突如地面から現れた巨大な棘に貫かれていく。

ガビが「コルト、ウドは!?」と聞くと、ウドは瀕死状態だった。

ポルコとピークも外の異変に気づく。

ピークが「この地響、巨人同士が戦ってるみたいだね」と言うと、ポルコは「そんなわけが」と返す。ピークが「私達がここに拘束されていることが答えでしょ」「早くここから出ないと」と言うと、ポルコが「そりゃあそうなんだがどうやって?」と返す。ピークが「助けが来るハズなんだけど」と言うと、パンツァー隊が助けに来た。

ピークは兵士が怪しかったため事前に手を打っていたのであった。

パンツァー隊のおかげで助かったピークとポルコは演説中の広場が巨人に襲われたことを知ると、ポルコが先に行こうとするのでピークが「少し様子を見てから」と止め、外を確認すると立体機動装置で飛ぶ姿があった。

戦鎚の巨人が槌を生成していく。

戦鎚の巨人が槌で攻撃するが、進撃の巨人が棘を破壊し、ギリギリで回避していく。

戦鎚の巨人は地面に無数の棘を生成しており、進撃の巨人はダメージを負う。

さらに、大砲にも狙われる。

マガトは「やはり押収したばかりの兵器では練度が足りないか」と言う。部下が「しっ、しかし、このままでは本当に「始祖」を殺してしまいます」「「始祖」の奪還はマーレの国是では!?」と言うと、マガトは「今後は巨人の力に頼らない」「それがマーレの新たな国是だ」「命令通りエレン・イェーガーはこの場で仕留める」「丁度式のフィナーレに祝砲をお披露目するべく用意された「対巨人野戦砲」があるのだ」「不幸中の幸いと呼ぶべきか徹甲弾の運搬訓練も兼ねてな」「奴の目的が何であろうと、ここで「始祖」が散れば敵勢力はおしまいだ」「たとえ「始祖」が再び敵の手に渡ろうと時間切れだ」「既に巨人の時代は終わりつつある」「そもそも「戦鎚」は「始祖」を食うつもりは毛頭無いようだ」と返していく。

戦鎚の巨人は槌を振り下ろし、硬化させた手ごと進撃の巨人の頭を砕いていく。

進撃の巨人の頭が砕け、エレンが現れる。

戦鎚の巨人が「簒奪者、エレン・イェーガー」「最期に、言い残すことはありますか」と言うと、エレンは「今だ、ミカサ」と言う。戦鎚の巨人の背後からミカサが現れ、雷槍を打ち込んでいく。

さらに、他の調査兵団員も現れ、マーレ軍兵士を襲撃していく。

エレンが「よかった、みんな来てくれたんだな」と言うと、ミカサは「エレン、お願い帰ってきて」と返す。

<<前の話 101話 次の話>>

【進撃の巨人】全話・全巻のネタバレ一覧進撃の巨人のネタバレ記事をこちらにまとめています。進撃の巨人の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 進撃の巨人...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。