ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】306話のネタバレ【最終回まで残り2話・・・】

ダイヤのA actⅡ306話の要約と注目ポイントをまとめています。306話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ306話のネタバレ

国友は青道が強かったとインタビューで語り、最後まで立派に戦った稲実メンバーに心から感謝したいと述べた。

片岡はこの夏チームを引っ張ってくれた沢村、先発の降谷、御幸の同点打、流れを呼び込んだバック、そして応援してくれたスタンドに感謝を告げた。

御幸は「人生で一番長い夏にしよーぜ」と伝えていく。

東東京大会決勝戦の帝東対鵜久森の試合は翌日で、両チームとも今日の試合に刺激をもらっていた。

成宮は国友から「生意気なその態度も、度を越した負けず嫌いも、プライドの高さから来るやせ我慢も、私にとっては全てが宝物だった」と感謝の言葉を告げられる。

そして、最終回まで残り2話という衝撃の事実を突きつけられる。

<<前の話 306話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。