ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】301話のネタバレ【沢村VS成宮の結末がガチでやばい・・・】

ダイヤのA actⅡ301話の要約と注目ポイントをまとめています。301話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ301話のネタバレ

大きな当たり

成宮の打球はライト方向大きな当たりに。成宮の当たりはフェンス上段直撃でギリギリホームランにはならなかった。

成宮は二塁に向かい、同点への望みを繋ぐ形となった。

御幸はタイムを取りマウンドに駆け寄り、「フェンスは越えなかったんだ、切り替えよう」と伝えた。

帰したい

6番多田野が打席に立ち、スタンドはこの日一番の大盛り上がりを見せる。

御幸は「黙らせよーぜ」とほくそ笑んだ。

多田野はバントの構え。御幸は「ここまで2つ三振とってるが、右打ちが上手く決勝まで12打点と侮れないバッター、特に成宮が塁にいる時に勝負強さが際立つ」「矢部と神宮寺、右の強打者が続くが送りバントならむしろありがたい」と考えていた。

前園はチャージをかけ「3塁で殺ったろうで」と考えていた。

第1球、多田野はヒッティングでファールになる。2球目、低めの変化球を見送りボールになる。多田野は「終わらせてたまるか、最低でも3塁へ進塁打」と考えていた。多田野は詰まりながらもセンターに弾き返す。打球はセンター前ヒットとなった。

<<前の話 301話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。