ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】287話のネタバレ【沢村のエース感がやばいwwwww】

ダイヤのA actⅡ287話の要約と注目ポイントをまとめています。287話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ287話のネタバレ

倉持がショートゴロに終わり7回が終わる。

多田野は成宮のボールに気持ちが乗り移っていることを感じ、「降谷の投球に刺激を受けてる?」と感じていた。

7回裏、降谷がレフトに入り沢村がマウンドに上がる。

多田野は「あの全力投球は始めからこの継投を考えて!?」と気づく。

エースがマウンドに上がったことで球場は大いに盛り上がる。

カルロスが「降谷も厄介だったがこいつはまた別のタイプ」と沢村の厄介さに触れると、白河も「球速も球種も勢いだけだった去年とは比べものにならない、練習試合でも無双していたみたいだしな」「降谷が調子崩してエースを譲ったと思ってたけど、天久との投げ合いを見たらな」「勢いには乗ってるだろうね」と沢村の実力を認めていた。

成宮は「後から出てきてこの試合についてこれんのか?」と沢村をまだ認めていなかった。

沢村は「残り3イニング、ここから正念場」「持ち前の青道魂で粘り強く泥臭く、最後まで戦い抜きましょう」「ガンガン打たせていくんでバックの皆さんよろしくお願いします」といつもの調子でバックに声をかけていった。

<<前の話 287話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。