ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】286話のネタバレ【成宮、めちゃくちゃでかいww】

ダイヤのA actⅡ286話の要約と注目ポイントをまとめています。286話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ286話のネタバレ

降谷が空振り三振に仕留め、6回裏を三者凡退に抑えていく。

観戦に来ていた降谷の母親は降谷が青道高校に行くのを不安がっていた。が、降谷の今の姿を見て涙を流す。

片岡は降谷に「文句なしのピッチングだった」と言葉をかけ、7回からはレフトへと指示を出し、沢村に次の回からマウンドに上がるよう伝えた。降谷は「繋いだよ」と伝え、沢村も「ああ、まかせろ」と引き受けた。

攻めの継投に青道陣は大いに盛り上がる。

7回表、青道の攻撃は8番金丸から。金丸はショートゴロに倒れ1アウトとなる。

青道は9番麻生に代わり1年由井が代打に送られた。

由井は成宮のあまりの大きさに気圧される。

由井はあまりの速さに驚きを隠せなかった。そして、三球三振に仕留められてしまった。由井は「先輩達、この人から2点取ったの?」とあまりの実力差に驚いていく。

<<前の話 286話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。