ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】285話のネタバレ【降谷がマジのガチで最強www】

ダイヤのA actⅡ285話の要約と注目ポイントをまとめています。285話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ285話のネタバレ

降谷の豪速球が荒れ、御幸は「力みが出るぞ、もっと低めに」と感じていた。

降谷が「伸びる球を」と投じたボールを成宮がヒットするが、レフトフライに終わる。

降谷は「野球を続ける限りも位置は続く」と珍しくガッツポーズを取っていく。

太田は「球速も真っ直ぐはほぼ150km/h台、まだまだボールに力ありますよ」と片岡に伝える。

御幸がタイムを取り「少し力みが出てるぞ」と降谷に伝える。降谷の様子を見た御幸は「気負ってる感じではないな」と感じ、降谷を鼓舞していく。

御幸は降谷の球を初めて受けた時のことを思い出し、「正直お前がどこまで行くのか見てみたくなった」と考えていた。そして、沢村のことも「いつだってお前らは俺を驚かせてくれる」「さあ超えてこい、俺の想像を」とミットを構える。

打席の多田野が「限界には近づいてるはず、1球でも多く投げさせて」と考えるが、降谷の大きさに圧倒される。

降谷は「道ができたのは青道に来たから」「この人が受け止めてくれたから」「競い合えるライバルがいたから」「野球でなら自分が出せる、わがままになれる」「この場所があるから戦える、全力をぶつけられる」と多田野、矢部を三振に仕留めていく。

<<前の話 285話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。