ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】283話のネタバレ【前園のスクイズで青道が勝ち越し】

ダイヤのA actⅡ283話の要約と注目ポイントをまとめています。283話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ283話のネタバレ

前園は打席に立ちながら「井の中の蛙、自分がそうやと知ったんは青道に来てからや」と振り返る。

関西の名門校からは声がかからなかった前園は監督から東京の青道を紹介された。当時の前園は東京であれば通用するもんだと思い込んでいた。前園は今「どんだけアホやねん」と昔の自分を恥ずかしがる。

前園はセーフティスクイズを三塁線に決める。

成宮が処理してホームに送るが判定はセーフで青道が勝ち越していく。

稲実は監督がタイムを取りキャプテンの福田を送っていく。

春先から圧倒的な勝ち方を続けてきた稲実がリードを許したのは今大会初めてで、こういう展開を味わうのも久しぶりだった。

福田が6回表、1アウト、ランナー一・二塁で次のバッターは降谷と状況を整理する。成宮が「知ってるし油断しないし」と返すと、福田は「いったん間を取っただけ」「大丈夫、僕には見えてるから、ここを切り抜けて颯爽とベンチに引き上げてくるみんなの姿が」と伝えていった。福田のおかげで稲実ナインの士気が上がり、成宮も「樹、あーゆうのでいいんだよ」と福田のやり方を気に入っていた。

福田は「小学校のころから憧れだったこのチームに入部してから今まで、裏切られたと思ったことはない」「このチームの一員でいられることが本当に嬉しい」と心から感じていた。

降谷が「先輩達が取ってくれた2点、止めない、置いていかれるな」と気合いを入れて打席に立つが、成宮の凄まじいボールに驚きを隠せなかった。

成宮と降谷の対決が続く。

<<前の話 283話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。