ダイヤのA

【ダイヤのA actⅡ】282話のネタバレ【御幸と成宮の対決がまさかの結末に】

ダイヤのA actⅡ282話の要約と注目ポイントをまとめています。282話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ダイヤのA actⅡの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ダイヤのA actⅡ282話のネタバレ

「ワンバンでも必ず止めてみせます、際どいコースを攻めましょう」と多田野が構えると、成宮はチェンジアップを投じる。

御幸は「ずっとイメージしてきた、この球を打つことを」と低めのチェンジアップをすくい上げていく。ライトが前進して追うが目一杯下がっていたため間に合わず、ポテンヒットとなる。

三塁ランナーがホームインし同点となる。御幸が今大会失点なしの絶対的エース成宮から値千金のタイムリーを放った。

成宮は「樹、あんなボール球打たれたらしゃーない、切り替えるぞ」と言うが、多田野は「絶対の自信を持つチェンジアップを外野に運ばれたんだ、大丈夫なわけがない」と成宮の心境を推し量っていた。

打席に立つは5番前園。「次の1点、入るか入らんかで試合の流れも大きく変わる」とかなり気合いが入っていた。

多田野が「この人は初球から打ちにきます、カットボールでゲッツーを狙いましょう」とサインを送ると、前園はセーフティスクイズの構えを取った。

<<前の話 282話 次の話>>

【ダイヤのAact2】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】ダイヤのAact2のネタバレ記事をこちらにまとめています。ダイヤのAact2の今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。